ぽこにゃん積水ハウスの里楽で平屋を建てる

2016年の7月に積水ハウスの里楽で平屋を建てました。
神奈川県のど真ん中に敷地130坪、延床43坪の家です。始めての庭造りや家庭菜園に悪戦苦闘しています。
趣味の釣りなど、遊びや日常のことも書いていきます。

チャドクガその後

お医者さんに処方してもらった内服の効果もあり、どうにか痒みも腫れも収まりつつあります。


小さなボチボチはまだ残ってますが、長い人で1年消えないとか・・・。


さて、対策ですがどうしたか。


まずはどこから湧いてるのか突き止めないと行けないと言うことで可能性のある木を調べてみました。


ザクロ、ミカン、プルーン、ビワ。


葉の裏にこう言う卵があるそうです。

フワフワの毛で覆われたような卵。


しばらく探すも見つかりませんでした。(探し方が悪いのか)


今度は家の周りを探してみると・・・・。


ありました。


以前、この土地の持ち主だった叔父が残していった木製の踏み台と小さな台の様な物。


これが壁際に寄せて置いてあったのですが、その裏の壁にフワフワがありました。そして、毛虫の塊もいました。


新築の際に大きな山茶花を伐採したんですが、チャドクガは茶や椿、山茶花を好むようなので過去にもここに卵を産んでいた可能性があります。


この卵の段階では毒性がないのでさっさと葉っぱをちぎって焼却処分してください。


そして今回使用した殺虫剤はこれです。

黄色いキャップの方が直接噴射して駆除するスプレー、赤いキャップは壁などに吹き付けて毛虫などが侵入しないようにする薬です。


今回は買いませんでしたが、毒針の拡散を抑えるようなスプレーもあります。


駆除スプレーは効果抜群で噴射した途端に動かなくなりました。バリアタイプはテラス周辺に満遍なく塗布しておきました。


チャドクガに関する耳より情報


1.毛虫1尾には500万本の毒針があり、風で飛散して肌等に付着します。
2.毒針の毒は毛虫が死んでも消えません。
3.被害にあった時に着ていた服を他の服と一緒に洗濯しても駄目です。
4.毒は50度の温度で消滅するので、毒針の付着した服は熱めのお湯に浸す。
5.刺され箇所に50度のお湯に入れたスプーン等を押し当てることで解毒できます。


※1風のある日に庭作業をして、運悪く毛虫が風上にいたら不運ですね。
※3と4に関しては毛虫被害を認知してないと後の祭りですね。
※5に関しては最初に知っていればやっていたと思いますが、当時は毛虫被害とは想定してませんでしたからね。


私は今回のことで抗体が出来たので、再度被害に遭うとアナフィラキシーショックを起こして症状が劇症化する可能性があるとかで、来年の夏は臨戦態勢で臨みます。


果物の成る木には毛虫が付くと言われてますが、直接指されないと被害がないものが殆どです。ただ、このチャドクガだけは要注意です。


特に茶、椿、山茶花などを植えて居る方は夏になったら葉の裏側を観察してください。


とは言っても、全ての葉の裏側なんて調べにられないですよね。(笑)


来年は噴霧器で消毒かな。





ヒラメ釣りの記録更新

実は9/13にヒラメ釣りに行ってました。


ブツブツの腕のまま、痒いの我慢して行きました。


そして、紫外線にもろに当たりまくって症状を悪化させたっぽいです。


で・・・本人初登場です。単なる見苦しいおじさんです。我慢してね(笑)

この写真は外房外川港の孝進丸さんに掲載された写真を拝借しました。


このヒラメは私の記録更新サイズです。


75センチ、3.8キロありました。さすがに重かった。


電動リールがうんうんと唸るばっりでなかなか巻き上がりませんでした。


隣のおじさんがタモ取りしてくれたんですが、「うわ。重くて上がんねぇ」と笑ってました。


こう言う写真を撮るときって、みなさん思い切り魚を前に出して大きく見せるんですが、今回は腕を伸ばすのが困難でした。そうやってたら、さらに巨大に見えたかもしれませんよ。


でも、これって仲間内では第二位の記録。


去年の12月に友人が4キロをあげています。惜しかったあ・・・。


でも、枚数は一位に躍り出ました。


今回は14枚です。(いつもは適当なところで止めるんですが、型が揃わなくて大きいのが欲しいと頑張った結果です)


来週はやはり外房から鯛釣りに行く予定なんですが、台風が来て底荒れすると釣れなくなるので様子を見ています。






チャドクガの被害に遭う(警告)

閲覧注意・・・って、もう見てますよね。(笑)


この数日ですがテラスを歩き回る不届き者がいます。


写真を見たくない人のためにダラダラと書いてます。(引き返すなら今)


実の成る木があると毛虫が湧くって聞いてましが・・・。


ミカン


ザクロ


プルーン


葡萄


ビワ


・・・居ないなあ。


一体どこに母集団がいるんだろうか。


では、そろそろ画像を・・・。



こんなのを数日前から毎日5~6匹ほどを箒で掃き出していました。

三日程これを繰り返していたら、10~15匹程に増えました。


そして、掃き出しても戻ってくるようなので駆除を始めました。ピンセットで摘まんでペットボトルにポイ。


今晩の収穫。


実は3日ほど前から右腕が痒くて、かゆみ止めを塗ったりしていたんですが、あんまり効果が無くて、範囲はどんどん広がるは痒いわで大変な目に遭いました。


とうとう耐えきれずに皮膚科に行ったわけです。


最初は蕁麻疹(そもそも蕁麻疹持ちなので)が再発したんだろうと思ってました。


皮膚科の医師は最近庭仕事とかしてないかと聞かれました。庭仕事はしてないが毛虫を掃きだしてると説明したら毛虫の皮膚炎かなぁと言う診断が・・・。


これは医者でもらった内服薬を飲んで、塗り薬を塗った数時間後の映像。
それ以前はもっとボコボコでお見せできません。(笑)

実は首回りや背中、脇腹にも出てます。孫の手が手放せない・・。


酷い痒みがあります。(昨晩は寝られませんでした)


で・・・もしや毛虫と関係があるのではと調べたところ・・・ありました。


この毛虫の正体はチャドクガの幼虫でした。


調べると実に始末の悪い毛虫だと言うことが判明しました。


基本的にはツバキ、サザンカ、茶などの木に発生するらしいですが、希にビワにも付くとか・・・。


ビワは・・・確かにあるなぁ。それもテラスに一番近い木がビワだし。


チャドクガによる症状は意外と極悪です。


じんましん
かゆみ
皮膚が赤くなる
唇、舌、口の中が腫れる
まぶたが腫れる
息切れ

ゼイゼイ、ヒューヒューという呼吸
血圧低下
倒れる
失禁する


重篤な場合は119番する方もいるとか。


一度やられると抗体が出来て、二度目にはアナフィラキシーショックを起こす可能性もあります。


この数日でテラスに出たのは私だけですから、まず間違いないですね。


そして被害にあった方の症状の写真と瓜二つ。


風で飛んできた毛が肌に付着するだけで発症するらしいです。


また、その衣服を他の人の衣服と一緒に洗濯しては駄目と言う解説もありました。


横浜に住んでいた頃はツバキも植えていましたが、こう言うことはありませんでした。


ガーデニング初心者が自然界の洗礼を受けた訳です。


写真の毛虫を目撃したらマスクをして安物のビニールカッパを着て駆除したください。


決して甚平姿で箒でホイホイと掃き出したりしてはいけません。(爆)


毛虫、舐めたらあきまへん。


明日、ドラッグストアでアースケムシコロリジェットを買ってこよう!!!




お控えなすって

お控えなすって。


手前、生国と発しまするは武州でござんす。
武州、武州と言いましてもいささか広うござんす。


けっこう毛だらけ猫灰だらけ・・・。

と言ってるどうかは知りませんが・・・。


うちのアタル君、このポーズがお気に入りらしくて、よくやってます。


今日は望遠持って箱根ターンパイクに行って山頂から芦ノ湖でも撮ろうなどと考えてましたが生憎の雨でございます。


明日は外房にヒラメ釣りの予定だし・・・。


金曜日辺りかな。週末は道路が混むしね。


月末の石垣島ですが、女房がやたらとLINEで石垣島のツアー情報を送って寄越します。マングローブの森を船で遊覧して、水牛に乗って島に渡って、☆砂の浜に行ってみたいな。人気のコースのようです。


娘は一日どこかの海でシュノーケリングがしてみたいんだそうです。


3泊4日なので二日しかフリータイムがないので一日潜って、一日ツアーみたいな感じでしょうか。秋休みは三日、土日とくっつけて五日の休み。日曜は友達とカラオケに行きたいとかで、この日程になりました。水曜発の土曜日帰宅。


私は綺麗な写真が撮れれば満足なんですけどね。


荷物はカメラケース二つと望遠のレンズケースと三脚。あはは。


それにしても、10年振りに蕁麻疹が再発してあちこち痒い今日この頃です。


またレスタミンのお世話になるのかな。


ただいま、イエローハットでSLKにドラレコとレーダー検知器の取り付け作業をしています。4時間かかると言うので一端自宅に帰ってきてます。


明日の釣りの準備もしないと行けないし、車を受け取ったらその足で釣具屋さんにいかないと・・・。


それにしても、戻りのタクシーに乗ってたら落雷と豪雨が凄かった。


ドライバーのお姉さん、落雷に思わずキャーなんて言ってました。


40才くらいかなあ、お茶目なお姉さんでした。




超望遠レンズ

超望遠レンズを買いました。


月末の石垣島旅行に持って行こうと思います。

それにしても、舐めてました。


カメラのボディーと合わせて重さが3キロになりました。


SIGMAの150-500mレンズです。これでもコンテンポラリーと言う軽量化モデルです。スポーツモデルだと4キロを超えるそうです。


旅行の前に慣れておかないと駄目ですね。


バズーカと呼ばれる超望遠ですが、まだまだ上がありますからね。私はこれで十分です。
二倍のコンバータを装着すれば1000mになるそうですが・・・。


それにしても三脚がないと体力的に無理です。


さて、明日になったら庭で雀でも撮ってみようかな。