ぽこにゃん積水ハウスの里楽で平屋を建てる

2016年の7月に積水ハウスの里楽で平屋を建てました。
神奈川県のど真ん中に敷地130坪、延床43坪の家です。始めての庭造りや家庭菜園に悪戦苦闘しています。
趣味の釣りなど、遊びや日常のことも書いていきます。

後ろばかり見ないで前を見たらいいのに

私は嫌韓を促進する為に記事をせっせと書いてる訳ではないんですけどね。


いつまで経っても過去に拘るあの国の姿勢に対して嫌悪感と言うよりも気持ち悪いと言う感情の方が先に立つようになってしまいました。


先日、youtubeを何気なく見ていたら「日本と言ったら何を思いうかべる」と言うインタビューの映像がありました。


対象は中高生の男女で結構コミカルな内容でしたが回答は様々。


「日本旅行で感じたけど、日本人は親切」
「食べ物が美味しい」
「道路や町が綺麗」
「慰安婦」
「よく知らないけど、良い印象はない」
「寿司」


などなど。


去年、延べ750万人の韓国人が日本を訪れていると報道されていましたが、非常にリピーターが多い様ですから。数字的に見ると7人に一人が訪日しているように錯覚しますが、実際のところは個別に見ればその半分くらいと言ったところでしょうか。


それでも国民の1割が日本を訪れている事が驚きですよね。反日のイメージが強い韓国の人達ですが、実際の日本を知れば考えも変わると言う物でしょう。


日本に来たことのない韓国の人は未だに日本が軍国主義の国で恐ろしいとか思っているようで、実際に来てみたら軍人の姿を一度も見なかったなんて言ってるとか。


災害出動でも無ければ我々日本人とてあまり自衛隊員の姿を見ることはないですよね。
もちろん、横須賀や横田など基地近くに行けば沢山歩いてますけど・・・。


むしろ、韓国の方が多いんじゃないでしょうか。そのイメージがあるから日本には小銃を抱えた軍人が町中にいるとか思うんでしょうね。


インタビューの中で「慰安婦」と答えた女子中学生がいましたが、そう言うイメージを日本に対して抱いていると言うよりも教育現場やマスコミの報道で得た知識と言うことのようです。


韓国の国会議員が先日ある法案を提出しました。


「日帝時代の物・人・歴史を肯定的に扱ったり擁護した者は罰する。また、ネット上でその手の発言をした者も同様に罰する」と言うものです。


親日法なんてのが既にあるのに、さらに増やそうしている訳で、いつまでやってるんだろと思うは私だけでしょうか。


多様な意見を封じる姿はまさに北朝鮮や中国のようです。


また、韓国の外務大臣にあたる外交担当省が過去の戦争による人権侵害を忘れないための国際会議を開催するとか言ってます。


過去を踏まえて今後、戦争が発生した時には同じ轍を踏まないようにするための会議なら意味がありますが、過去のことをほじくり返してなじるだけの会議なんてあまり意味が無いように思うんですが、国民性なんでしょうか。いつまで経っても前に進もうとはしない民族なのでしょうか。


むしろ、ベトナム戦争で鬼のように悪行を指摘されている自分達の軍隊の行いを反省するとかなら意味がありますが、他人の悪口しか言わないのでは民族としての進歩は望めないのではないでしょうか。


かの国の政治家が良く未来志向と言う言葉を口にしますが、前提として日本がいくらでも謝罪を続け、言うなりに賠償や保障と言う形で韓国に金を支払い続けることを未来志向と呼ぶなら大きな間違いでしょう。


トランプさんに「まるで物乞いのようだ」などと発言されたことを恥と思うなら。


なんたって日本統治は僅か三十数年だったのに対して中国の属国として貢ぎ続けた歴史は数百年に及ぶと言うのにそれについては保障も何も要求しない訳です。


偏執的で気持ち悪い。


日本の場合は圧力もあったでしょうが飽くまで外交的に併合した訳で、それに対して中国の場合は明白な武力侵攻の結果、国として屈従した訳ですから。


何かに付けて言いがかりを付けて金を無心するのではなく友好的な関係を築けば自ずと投資も技術も自然に入ってくると思うんですけどね。


抑圧された時代が長かった朝鮮民族の歴史の中で、この数十年でようやく言いたいことが言える様になってきた訳です。人々はどこまで言っていいのか分からず、政府もどこまで国皆の声を受け入れて良いのか分からない。アメリカナイズされた個人の権利と言う物が
認識されてそれを乱用することが当然と考えている。公益性や国益などは二の次と言う意識が強いようです。


何かにつけて日本にたかる韓国人の姿勢を東南アジアの人々は軽蔑に近いまなざしで見ているようですが、そんなことはお構いなしなのでしょう。


このまま行けばいずれ韓国と言う国家は北に併合される可能性がありますが、そうなればもちろん朝鮮半島と日本の国交はなくなります。


これまで自由に海外に出掛けていた人達は朝鮮半島に閉じ込められて独裁政権の下、抑圧された生活を強いられることを望んでいるのでしょうか。


ある韓国の元政治家が漏らしていたのですが、韓国人をまともにコントロールするには再び軍事政権の圧力による統治しか無いと。


ある意味世界的なモラルと言う物は西欧社会規範として成熟してものですが、その中には数々の暗黙の了解も含まれます。


例えば、近世までヨーロッパと言うのはとにかく戦争の絶えない地域で常にどこかで戦争をしていた訳です。勝ったり負けたりしていた為、戦争が終わって国交が回復されればお互いに過去のこだわりはあっても国として紳士的に付き合うと言う不文律ができあがっています。


日本の戦国時代も近い感覚がありました。戦い方や戦後処理、人心の掌握方法なども含めて知っていた訳です。


かの国はそう言う意味でそう言う経験に乏しく、常に圧力に晒され続けた国家の歴史と権力者から常に圧政を強いられた国民の歴史しか無いと言う異例なものが影響しているのでしょう。日本の元禄文化のごとき国民文化の開花も無く忍耐のみに明け暮れた人々の系譜は深く心に刻み込まれていると言うことなのでしょう。


もちろん、そんな歴史を学校では教えていません。優秀な朝鮮民族は僅か数十年の日本統治時代に全てを破壊され奪いさられたと教えています。


日本統治以前、欧米人旅行者達が残した写真や資料を見れば一目瞭然なんですが、華々しい文明国家だった朝鮮半島の歴史とはいずこにあったのでしょう。


過去に拘るのであれば、まずは真実の歴史を振り返り国際的な歴史基準で自国を再評価するところから始めるべきでしょう。


そうそう、ひとこと言っておきますが日本の戦後の歴史観も進駐軍よって結構歪められていますので・・・。



韓国軍では主敵を北から日本に変更する教育が

昨年末の駆逐艦レーダー照射事件は未だに韓国からの謝罪や反省の声は聞こえてこない。


実のところ先の軍関係者等の協議の場で日本側は駆逐艦のレーダー波の特性等を提示していたと言う。ところが韓国軍はそれが本当なら生のデータを寄越せと言うので、それならそちらのデータも渡してもらおうと応じると、韓国軍のデータは秘密だから渡せないと突っぱねたそうだ。


両国が結んでいるGOSMIA(情報協定)によれば秘密指定でお互いのデータを交換する規定になっているが、この言い分はなんだろう。


実は韓国の元高官が匿名で語ったところに寄ると韓国軍内部ではこれまで主敵としてきた北朝鮮に替わって日本が主敵であると言う教育が行われていると言うのである。


米韓同盟、日韓同盟と米国を中心に準同盟の関係だった韓国と日本が敵対関係になりつつあると言う事だ。


韓米同盟の今後が不透明な状況で米国はこれだけ日韓関係がこじれていても静観の構えを崩さない。逆にこれまで何をされても我慢を強いられてきた日本政府が異例の反撃をしても米国は全くスルーしている。既に韓米関係の瓦解が始まっていると言う意見もあるが実際にそうなのかも知れない。


日本が英軍と仏軍との間で軍事協力関係を強化しようとしているのはこう言う背景があるからなのだろう。英国もフランスも日本海に艦艇と航空機を派遣するそうだ。


さて、韓国国民の反日はさらにエスカレートしているが、これは北朝鮮の第5列と言う諜報組織が韓国国民に紛れて韓国世論の誘導や扇動を行っているからだと言う。


韓国国内では親米派による文大統領非難のデモが連日繰り広げられていると言うが、それ以上に親北陣営のデモもこれに対向して行われている。


韓国のマスコミは北朝鮮人民の苦しい生活を余り報じない。食べ物すら手に入らず雑草まで食べる生活を強いられていると言う情報を敢えて国内に報じない。


戦後の在日北朝鮮人の引き揚げの際も北朝鮮はユートピアだと報じられそれを信じて海を渡った人達が実際に見た北朝鮮の姿はユートピアどころか地獄だったと言われている。


韓国の一部の事実を知る人々は少しずつではあるが国外に移住を始めているらしい。


韓国と北朝鮮が統一されれば8000万の人口を有する大国になり、今まで他国の圧力に耐えた歴史が終わると信じている人達が結構いると言う。


3000万の貧しい人達が国内に流入して来ることをどう思っているのだろう。失業率が今でも高いのに流入した人達はどうやって生活すると言うのだろうか。統一朝鮮のGDPは経済不況が深刻な韓国と北が統一することにより再び最貧国に転落するとは思わないのだろうか。


また韓国人の約半数の人が統一後の膨大な費用は日本に負担させればいいと本気で思っているらしい。何を根拠にそんな発想ををするのかと言えば北朝鮮が日本から植民地時代の賠償を受け取っていないのでそれを貰うと言う話らしい。


これは元李明博大統領の発言にもあったのを覚えているだろうか。


実は請求権協定の際に朝鮮半島の正規の政府は大韓民国であるから北朝鮮への賠償も含めて自分達に寄越せと言ったことを国民は知らないのだ。


つまり、徴用工問題同様で韓国は北朝鮮への保障もしなくてはならないのだ。


今回の大法院の判決では日本企業に対する賠償請求を認め、やがて南北が統一した場合は同じように北朝鮮への賠償も認める事は間違いないと思われる。


この短期間に起きた一連の韓国の無礼な行いは意図的に行われているのは明白で、日本との関係を終わらせてもいいと考える文大統領(若しくは盟友達)の思惑通りに進められている。


これだけの事をされてもいつも通りにうやむやにするようであれば、与党は政権を失う可能性もある。とは言え他に政権を担える政党も見当たらないのだが。


いずれにせよ安倍政権のお手並みを拝見するしかないのだろう。









改築の打ち合わせ

先日、積水の営業さんがリホーム部門の担当を連れて打ち合わせに来ました。


図面上調べたところテラスの面積は5.3畳と思ったより広くはありませんでした。


そもそも午後ティーを楽しむ程度のスペースと言う事でしたから仕方がありません。


庭に増築と言う案も出ましたけど、それはちょっと・・・。


で、結局の所はテラスを改造して部屋にする案でまとまった訳です。


お年寄りが寝起きする部屋ですから、クローゼットがあって介護ベッドと小さなテーブルでも置ければ十分なのでそんなに狭くはないでしょう。


一応、全館空調のダクトも来ているので快適な生活が送れます。これまでの大きな窓も流用するので、ある意味サンルーム的な明るい部屋になるはずです。


普段は家の中心であるリビングで過ごしてもらえればいいので、特に問題はないと私は考えています。


構造的にはバリアフリーなので車椅子が楽に出入りできるようにドアではなく引き戸を採用します。


なんだか増殖する家と言う感じですね。


前回、カーポートを廃止してガレージを作ると言う話がありましたが、将来に次女が結婚して同居するようであればガレージの上に2間の部屋を作ることも出来ます。


建ぺい率60%の土地で30%しか使っていないのでまだまだ拡張の余地はあるんですが・・・。


ただ、少々面倒なことがあります。


この家は長期優良住宅の認定を受けているのですが、今回の改築で再申請の必要が出て来ます。


場合によっては一度取り下げて別に申請し直すこともあり得るとか。ただし、軽微な変更と言う事で済ませられる可能性が高いと担当さんは仰ってました。


再申請となれば税制面での優遇処置に対する再申告だの面倒が増えますが、これもまあ仕方の無いことですね。


申請から認定まで1~2ヶ月掛かるようで、工事の着工はその後になるそうです。


故に、遅ければ3月から工事が始まりますが、始まれば一ヶ月もかからずに完成するので初夏の頃には義父さんをこちらに招くことも可能です。


できれば暑くなる前に済ましたいところです。


それにしても、うちの生活スタイルに着いてこれるかが多少心配です。


私と長女は仕事柄不規則な生活をしています。女房と次女は一般的なライフサイクルで生活しているのでそちらで対応して貰うことになるでしょうね。


深夜にバタバタすることもあるので夜中に起こさないかちょっと心配です。


以下は完成イメージです。


テラスが消えて普通の家になっちゃいますね。

でも庭に直接降りられるし、外のパーゴラの下でお茶もできます。

室内は東と南に大きな窓があるので季節を感じる部屋になります。


そんなに悪くないですよね?




They are billions!

堅い話が続いたので今回は話題を変えて。


They are billionsはPC用のストラテジゲームのタイトルです。


ストラテジゲームとはなんぞやと言う方の為に簡単な解説。いわゆる戦略ゲームの一種で人気のSim Cityの用に町を発展させて行く類いのゲームです。ただ、このゲームSim Cityのようにのんびりと町の発展を眺めて楽しむ物ではありません。


ゾンビ(感染者)が徘徊する世界で人間達がその生活圏を拡大していくと言うかなりハードなゲームです。


ゲームは4面、各4レベルで計16種のゲームが楽しめます。私はまだ1面の比較的楽なものしかクリア出来ていません。


とにかく、町作りをしていると周囲からいつの間にかゾンビが忍び寄り接触した施設や人間は瞬く間に感染してパンデミックに陥ります。つまるところ、一人でもゾンビが町に侵入したらほぼ止める方法はありません。


ここでその様子をちょっと披露しましょう。


最初はこんな小さな本拠地からスタートします。テントを立て周囲の森林を伐採、石材を採掘して資材を確保します。


周囲をうろつくゾンビ達は開発に伴う音に反応して寄って来ます。これを弓兵で警備しながら開発を進めます。

開発が進みテントの数も増えました。そして木製の壁も設置してひとまずは安心と言うところです。

資材も豊富になって木工工房が建てられれば研究が進み農場や市場なども建てられるようになります。またテントもコテージにアップグレードできます。


2週間過ぎた辺りからゾンビは定期的に集団で襲ってくるようになります。その数は襲撃の度に増えていきます。これは、貴方の防備が十分ですかと言う確認の意味もあるようです。


やがて石工工房が建てられると木製の防壁は石壁にアップグレードできます。防備も弓兵から銃を装備したソルジャーやスナイパーも使えるようになります。
画像の上中央付近に青い建物が見えますが、これは廃墟でこの中に数千のゾンビが隠れています。刺激すると凄い勢いで無数のゾンビが襲いかかります。防備が整うまでは絶対に刺激してはなりません。

ストラテジゲームは都市をどんどん拡張していかなくてはなりません。人口の増加は資源の枯渇を招くからです。これは宿命ですね。


以下は南に拡張された町です。

しかし、この町は中規模なゾンビの襲来に破壊されます。

結果はこの通り。
手前の防御施設がかなりの被害を出しながらもなんとかゾンビの襲撃を退けました。


必死に町を守る頼もしい戦士達。バリスタ(自動強弓装置)の助けを借りながらゾンビ達に立ち向かいます。

私は彼らを20人くらいで組織して「調査兵団」と呼んで各地を威力偵察させたり、襲撃の応戦をさせます。数は力なりを実践する頼もしい連中です。


ゲームは設定にも寄りますが、町を守り抜く日数が選べます。80日、100日、120日そして150日です。日数が多いほど難易度は下がります。また、ゾンビの数も「非常に少ない」から異常に多い「ナイトメア」まで選択できます。
ゲームクリアの条件はこれらの組み合わせで決まります。一番低い設定ですと達成率は20%、80日のナイトメアでやれば200%とかになります。


そして設定した日数もあと僅かとなった時に溌剌としたナレーションが聞こえてきます。


「Comming enemy! They are billions!!!」と・・・。


メッセージから24時間後、全ての方向から無数のゾンビが町に押し寄せて来ます。


おっ、来た来た。

うおっ。多くね!

うわっ。南の第一防衛線は突破必須だ。

ちょっと止めて~っ。

遂に防衛線は突破されてなだれ込むゾンビ達。目的地である本部に襲いかかります。

そして本部の耐久度がゼロになったときにゲームは終了となります。


このゲームは防衛強化を如何に進めるかが勝敗を握りますが、その為には内政をしっかりと進めないと資金と資材が足りなくなってしまいます。


いかに早く町を発展させて重厚な防御陣地を構築し、ハイテクな防衛兵器を多数配置できるかのんびりしている暇はありません。


なんたって、途中でセーブをしてもう一度と言う事が出来ないのです。これはかなりシビアなプレイを要求されます。


たった一人のゾンビが町に侵入しただけでゲームオーバーになることもしばしばです。


私は16あるステージの1つしかまだクリア出来ていません。


真剣にやると頭が痛くなって来るのでたまにしかやりませんが、なんとも悔しいゲームです。


1ステージをクリアした時に表示された撃退ゾンビ数は約27000でした。これで非常に少ないモードですよ・・・。


現在は2ステージをやっていますが、6回の攻防で壊滅を繰り返しています。前回の反省点を踏まえて準備するんですが・・・。


とにかく今までやったストラテジゲームの中でも難易度は高い方でしょうね。


悔しい・・・。






韓国と言う国が滅亡する時

これは近未来の一つの可能性。


韓国と言う国の政権は親北勢力によって完全に支配された。


文大統領を始め閣僚や関連組織のトップは全て親北勢力の人員にすげ替えられている。


金正恩にひたすら秋波を送り続ける文大統領の姿勢に忖度した政府組織は最早口をつぐむことしか出来ない。


かつての日米外交のベテラン職員は次々に更迭され、最早日米とのパイプは寸断状態である。


北朝鮮の国是である「主体思想」の信望者である文大統領はその根幹であるマルクス・レーニン思想に準じて財閥主体の韓国経済の破壊を進めている。


財閥に虐げられてきた労働者の革命を起こすつもりなのか。


在日米軍の駐留費負担に関しても頑なに米国の要求を受け入れようとはせず、駐韓米国大使から「いつまでも韓米同盟が続くと思うな」と警告までされている。


朝鮮半島から米軍が撤退する事は金正恩の最も望むところであり、その背後にある中国にとっても好都合なのである。


日韓関係も然り、不幸な歴史について記憶に留めることは重要ではあるがそれが国と国との関係を破綻させる原因にしてはならない。むしろ、互いに心を配って未来を目指すべきではないか。


しかし、文大統領は手足となる人々を使ってあたかも自分の預かり知らぬところで反日的な問題が提起されているように装っている。


最早、日韓の離反は目前と言う処まで来ている。


まさに金正恩や中国の望みを叶えるような行動を取っている。


米韓交渉が決裂して駐韓米軍が撤退すれば北朝鮮軍が38度線を越えて雪崩を打って攻め込んでくるのは明白だ。駐韓米軍は南進の抑止力として働いていたのだから。


侵入した北韓軍は豊富な商品で溢れたソウルの町で略奪の限りを尽くすだろう。これほど大量に品物が並んだ光景を見るのは始めてだからだ。


陸路攻め込む北韓軍に対して巨額を投じて建造した海軍の軍艦達はなんの役にも立たない。韓国は北朝鮮との戦いに備えて海軍力を増強してきた訳ではないのだ。これは朝鮮半島が統一された時に始めて意味をなす軍備だからだ。


韓国軍単独で北韓軍の南進は阻止出来ない事は承知だ。首都ソウルは国境から僅か40キロ程しか離れていない。文大統領は国境の見張所を撤去し、米軍の怒りを無視して国境上空の飛行を勝手に禁止にしてしまった。


北朝鮮の常套句に「ソウルは火の海になるだろう」と言うのがあるが、実際に国境に据えられた数万の長距離砲が発砲すればその通りになるだろう。見張り台もない、監視する航空機も飛べないようにしてしまったら反撃すら不可能なのだ。


しかし、金正恩はソウルを火の海にする気は無い。むしろ、無血解放を望んでいる。


かつての戦国時代、城内に内通者を作り密かに城門を開けさせるなどの謀略が行われたが、今回はいち兵卒がそれを行うのではない、城主自体が内通者なのだ。


北韓軍の侵攻が報告されても韓国軍の将官達の焦燥をよそに大統領府はなんの反応もしない。「情報が足りない」「確認中だ」などと言いつつ韓国軍に対する反撃命令はなかなか発令されない。現場独自の判断で小火器による小競り合いが各地で繰り広げられるが本格的な反撃はとうとう行われず韓国軍は徐々に南に後退する。


北韓軍の攻略は1日で完了するだろう。


やがて文大統領は韓国軍に対して南への退却を命じ、首都陥落と同時に降伏を宣言する。金正恩はうやうやしく傅く文大統領の前を無言で青瓦台(大統領官邸)に入って行く。そして無傷の韓国軍が戦闘を中止して北韓軍の指揮下に入るように命じられる。


文大統領の革命はここに成就する。


核と弾道ミサイル、そして米国から導入した近代兵器を装備した統一朝鮮と言う軍事国家がここに誕生する。


そして、自由主義陣営の防波堤として70年と言う歳月を刻んだ大韓民国と言う国家が歴史から消滅するのだ。


かつて朝鮮は内憂外患を繰り返して国家を維持してきた歴史を持つ。古代は中国に従属しやがてロシアと内通し、そして日本に併合された歴史だ。


文大統領と金正恩は共同声明として朝鮮半島は平和裏に統一を為し、ここに新国家が樹立されたと世界に発信する。


すぐさま中国とロシア、そして中国の影響力が強い国々が統一朝鮮を独立国家として承認するだろう。すでに密約は出来ていたはずだ。


アメリカは朝鮮半島から撤退した時点でこうなることは予想していたのでなんの反応も示さない。実はトランプは金正恩との間に米国に対する核攻撃をしないと言う密約を結んだ事で米軍は撤退をしたのだ。


これが僅か数日で起きた朝鮮半島事変の全容である。


日本人はこれを対岸の火事だと傍観している場合ではない。なぜなら、彼ら統一朝鮮の今後の主敵は日本になるからである。


金正恩はトランプに統一後の新国家は米国と敵対しないと約束したが、統一朝鮮はかの国の過去が示す通り約束を反故にするのは当たり前である。やがて米国の新冷戦の対象国である中露の陣営に与することになる。


米国人は昔からお人好しなのだから仕方が無い。


南端に追い詰められた人々は我先に日本に向かって逃げ始め。その数は想像出来ない程に膨大だろう。反北思想の人々の逃亡に文大統領は何ら関心を示さない。むしろただで厄介払いが出来るからだ。


電撃侵攻の場合、朝鮮半島に在住する邦人は逃げ遅れた者は人質になる可能性が高い。


これだけきな臭い状況でまだ残っている人々の甘さが招いた結末とも言える。仕事上の命令で常駐させられている方々には気の毒な話だが、解放の為には日本の企業は多額の金を支払わされることだろう。


このタイミングで中国が台湾と尖閣諸島に侵攻することも十分にあり得る。


このシナリオは早ければ今年中に起こるかもしれない。


しかし、日本も米国もこの事案に対して十分な備えが出来ていないのが現状なのだ。


アメリカは日米安保の発動を速やかに実行するだろうか。筆者はそこに疑問を持っている。恐らく、ポーズだけで実際には中国と事を構える様子を見せないだろう。


そうなれば日本政府は中国との間で尖閣占領を黙認することで不可侵条約を結ぶだろう。
やがて在日米軍が日本から撤退すればロシアは北方二島を返還して日本と平和条約を締結する。


極東地域の様相は一変する。こうして日中露朝による極東連合が誕生することになる。


最近のお隣の国の動向をウオッチしている私には絵空事とは思えないのだが、皆様いかがだろうか。