ぽこにゃん積水ハウスの里楽で平屋を建てる

2016年の7月に積水ハウスの里楽で平屋を建てました。
神奈川県のど真ん中に敷地130坪、延床43坪の家です。始めての庭造りや家庭菜園に悪戦苦闘しています。
趣味の釣りなど、遊びや日常のことも書いていきます。

宮城県仙台沖のカレイ釣り

4月21日から4月23日にかけて仙台湾のカレイ釣りに行ってきました。


4月21日の朝、横浜でK・Iと川崎でY・Sを乗せて父方の実家である宮城県大崎市に向かいました。途中事故があって1時間程渋滞に巻き込まれながらもその後は順調に流れて予定より1時間遅れの17時に到着しました。途中、SAで仙台名物と言われる牛タンの串焼きを食べて・・・。


大崎の家に着くと間もなく宴会が始まりました。酒好きな従兄弟に勧めにれてK・IとY・Sはビールや日本酒を飲んで上機嫌でした。翌朝は4時出発なので早めに就寝。


床に入ったのも束の間K・Iのイビキに耐えきれずY・Sは布団を抱えてリビングへ移動、私はそのままIPHONEで映画を見ているうちに目覚ましを掛けた時間になりました。6時間も一人で運転してきたのだからすぐに眠れると思ったのに・・・。


4時に大崎を出発して一路塩釜港へ。


船宿の「えびす屋」さんで乗船名簿を書いたり、仕掛けを購入したり、チャーター料金を支払ったりした後に船着き場へ移動しました。ちなみにチャーター料金は6時間、5名の餌代込みで8万円です。


港に着くと駐車場は一杯、路駐の最後尾に駐めます。
支度をしていると船宿の人が車でやってきて、船の近くに駐める場所を確保してあるからと言われて移動。百メートル近く、クーラーやタックルボックスを引きずって歩くのはしんどいと思っていたので助かりました。

船はえびす屋さんのグループの物でしょうか、かもめ3と言う船名。

10名で楽に釣りが出来そうな船に5人だけは贅沢の極み。もちろん、チャーターしたんですから当然ですが・・・。


予定より30分遅れて6時に出港。松島の島々を見ながら仙台沖の人工魚礁へ向けて船は走ります。

30分程走った辺りで釣りを開始。私の予定では最初にカレイをある程度釣ってからメバルやアイナメを釣るつもりでしたが船長の提言で先にメバルをやることになりました。
しかし、これが敗因に・・・。


写真はK・IとY・S。

メバルを狙うもサバの猛攻に遭い、6本針の仕掛けに4~6尾の大きなサバが掛かってしまって船上はパニック。とにかくメバルのいるであろう底へ仕掛けが落ちないと言う始末、運良く底まで落ちても上げてくる途中でサバが・・・。
メバル1に対してサバが9の割合でした。


私はここで予想外のマダラを1匹掛けました。(ラッキー)


しばらく頑張ってメバルを狙うもサバに悩まされ、仕掛けを変えて底のカレイ狙いに変更していると船長がカレイの場所へ移動しましょうと言うことでさらに20分程は走りました。


先日の釣り情報ではカレイは50~150枚と爆釣だったので期待が膨らみます。


カレイのポイントではボツボツと誰かしらが釣れていると言う感じで先日の爆釣と言う状況ではありませんでした。まあ、飽きない程度に釣れていたので問題はありませんが、明らかに前日に比べれば不調の様子。


写真は大崎に住む従兄弟とその叔父さん。

たまには自分も・・・。これが大体30センチくらいのイシガレイ。

カレイも30センチクラスになるとなかなか強烈な引きを見せます。今回はヒラメ竿に小型の電動リールを使用しています。


しかし、カレイを釣っていても愛か変わらずサバが襲ってきます。カレイを掛けて巻いている最中に空いてる針にサバが食ってしまいます。大きなサバなのでハリスが切れてしまうことも・・・。もうこの辺りでサバが釣れてもリリースしていました。


12時半に釣りは終わり船は港に戻ります。釣果は従兄弟のカレイ30枚、叔父さんが20枚、我々初めての仙台のカレイ釣りは私が22,K・Iが23,Y・Sが21,他にメバルやサバ多数でした。


港に着くと従兄弟とは来年のリベンジを誓ってここでお別れです。


ここから帰路のに途中ある母方の実家に寄るために東北道を西に向かいます。仙台ではフィギュアスケートの羽生君のパレードがあると言うことで市街はパスしてバイパスを経由して東北道へ。


母方の実家に行く前に温泉に入ろうと言うことで蔵王町の町営温泉に直行。

鉄分の多い茶色い熱い湯に浸かって疲れを癒やしました。


母方の実家は蔵王町にある刈田峰神社(白鳥神社)のすぐ近く。ここで山菜(こごみ)などで軽い夕食をいただくとすぐに仮眠することにしました。奥の部屋に布団を敷いてもらって寝る予定でしたが、左右の二人が私より先に寝てしまい、ここで両方からのイビキ攻撃にほとんど眠れず出発の時間に・・・・。


運転する俺が寝ないといかんのに、なんで君らがそんなに真剣に寝るんだよ~っ。


それにしても、そんな状況でも全然眠くない私・・・。夜型人間の本領発揮です。


起き抜けに出してもらったタラの芽の天ぷらが美味しかったぁ。


この二日間、殆ど寝ていません。我ながらタフだなぁ。(笑)


夜10時に叔父や従兄弟に見送られて白石インターから東北道へ。


途中のSAで時間調整(あまり早く着いても駄目と言うことで)30分の仮眠を2回摂っただけで真っ暗な東北道を走ります。


21日に7時間運転して寝ずに22日は釣りをして、また寝ないで8時間運転して23日の朝6時半に帰宅、さらに7時に出勤する女房を駅まで送ってやっとベッドに横になりました。


爆睡・・・。


8時に寝て・・・10時に宅急便で起こされ、11時にクリクラの配達で起こされ。


起きたのは14時。


氷付けの魚を並べて記念撮影。上からマダラ、カレイ、アイナメ、メバル、サバ。

クーラーが満杯なのでこちらの叔父に電話をして取りに来てもらいました。


カレイ8枚、大きなサバを6本あげました。

て言うか、持ち帰り用のクーラーにもう入らなかっただけ。(笑)


なんだかんだで気心の知れた仲間での旅行は楽しいですね。


例え睡眠不足であろうが・・・。


来年も行けたらまた行きたいカレイ釣りでした。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。