ぽこにゃん積水ハウスの里楽で平屋を建てる

2016年の7月に積水ハウスの里楽で平屋を建てました。
神奈川県のど真ん中に敷地130坪、延床43坪の家です。始めての庭造りや家庭菜園に悪戦苦闘しています。
趣味の釣りなど、遊びや日常のことも書いていきます。

家は経年劣化していくもの

うちの次女の偲さんです。3歳のスコティッシュ♀です。凶暴です。

何故か柔らかい所に頭をめり込ませてお腹を上にして寝ます。

なんなんでしょう。この寝方は・・・。

凶暴と言っても、本気で噛みつくことはありません。ただ、家族の手は傷だらけです。


さて。

積水ハウスですが、今回シャーウッドで建てるんですが、長期優良住宅とか性能評価とか

色々と書いてありますが、これって長持ちして資産価値が下がりにくいってことなんですかね。そうあって欲しいものですが、どうなんでしょう。


外壁のベルバーンは30年以上再塗装の必要はないし、汚れも付きにくいと言うことで有り難い事です。今の家のお隣もお向かいも昨年バタバタと外壁の塗装を直していました。費用としては150万円前後かかっていたようです。

特にモルタル塗装のお宅は7~8年に1度はやらないと駄目なんだそうです。

うちのベルバーンですが、初期費用が外壁だけで300万円の見積もりが出ていますが、仮にモルタルで100万円にしてコストダウンしたとして、30年の間に3回も塗装をし直すと初期コストとトータルで550万円の支出になる訳です。30年後の差はおよそ250万円。今回はキャンペーンで100万円の値引きがありましたが。(笑)

とは言え、ベルバーンを外壁にしたお家で30年経過したとこなんてまだ無いでしょうから、評価するのはまだ先なんでしょうけど。


家も築20年(2×4住宅)もなると色々と傷みが出て来ます。

現在の我が屋の状況は以下の通り。


・外壁のサイディングの目地が縮んで隙間が出来てきた。

・安物ドアや建具の表面に張ってある木目シール?が剥がれ始めた。

・建具周りの枠板が剥がれ始めた。

・フローリングがボロボロになってきた。

・キッチンの換気扇が吠える。

・窓の枠材が安物だったのかカーテンレールの穴が広がって抜け落ちた。

・玄関ドアが閉まりにくい。


経年劣化は避けて通れないのは事実ですが、住み方次第で変わるかも知れません。


29年に新居に移転した後、この家はリホームして賃貸で貸すことにしていますが、概算でリホームに600万程度掛かるそうです。だから、今回は新築費用とリホーム費用が必要な訳で頭が痛いところです。

外壁の防火塗装、目地の修復、壁紙の張り直し、フローリングの張り直し、キッチン、トイレ、ユニットバス交換、建具の補修・・・。

10年後辺りにお隣さんがこの土地を買い取りたいと言うので、それまで賃貸にするんですが、補修費の元が取れるのか不安です。


そうそう、住み方なんですが。

うちの娘達は無鉄砲でドアをバンバン閉めるんです。その振動で建具が傷みます。私の部屋なんて静かに閉めてるからなんともありません。

階段もドスンドスンと昇降すれば傷みます。家は運動会をするところじゃないって叱るんですが、聞く耳を持ちません。

ドアなどの可動部分に負担を掛けないとか色々と気を付けると長持ちするかも知れません。ただ、思ったのは接着剤って20年くらいで剥がれ始めるんだなあと思いました。

最近のは性能が上がってるんでしょうが、そう言うところから始まるんですね。


と言うことで、新居は走る廊下は減らし、階段も無し。ドアはアシストを付けたいと思っています。

また、フローリングも無垢ではなくて傷み難い加工仕上げ、壁紙は割高ですがスーパーなんちゃらとエコカラットで強化しています。


あとは何が出来るんだろう。もっと勉強しなくては・・・。







やっぱり書斎が欲しい

現在の家では和室の8畳間を書斎兼寝室にしています。

女房は下の娘が生まれた時から主寝室を一人で占領しているので、私は現在の部屋で寝起きしているんです。家庭内別居ってやつですか?(笑)


ただ、新居では間取りの関係で16年振りに寝室は一つになります。

この部屋は寝室なんですが、どうしても書斎スペースが欲しくて部屋の東に長さ3メートル、奥行き60センチのカウンター机を作ります。ここにはパソコンやプリンタなどのOA機器が並びます。女房と二人で並んで座る感じになります。

そして、南の壁は全部作りつけの書棚。また、西は全面のクローゼットになります。


この部屋は吹き抜けの勾配天井になっていて、クローゼットの上と書棚の上まで回廊式のロフトになります。

ここには可動式の階段が付いて、上に昇れるようにしてあります。

なんだかんだで色々と溜め込んだものが多くて、悩んだ末の収納の少ない家の工夫です。

ロフト言えば聞こえがいいんですが、奥行きは60センチ程度なのでちょっと幅のある棚みたいな感覚ですかね。


ここは大枠では方針が決まっていますが、具体的にどうするかはこれからまだ打ち合わせが必要です。


位置的にはキッチンの裏側にこっそりと作られた主寝室です。

南側にLDKを配置するために仕方がなかったんですが、どうせ寝るかパソコンに向き合ってる部屋なので気になりません。

平屋で部屋数を取ろうとするとどうしても不自然な配置になりますからね。

まあ、他にも方法はあるんでしょうけど・・・。

今回はこれで勘弁してやろうみたいな。(笑)




友人宅も積水の家

皆さん、殆どの方は仕事始めでしょうか。

女房もブチブチ言いながら出勤して行きました。

うちの女房は定年まで働くそうで、まだまだがんばらねばなりません。

女房はフリーのシステムエンジニアで企業と契約して社内システムの開発や保守・運用の仕事をしいます。

私もシステムエンジニアでしたが、女房とは畑が違って殆どは制御系のシステム開発をしていました。代表作はダムの打設制御や駅ビルや空港などの自動検針、自然災害の警報発令システム、大規模工場の特高変電監視システムなどです。その他銀行のオンラインや量販店の大型POSシステムなんかも手がけました。


なぜかそうなってしまったんですが、うちは結婚以来、夫婦は別財布でして、お互いの給与もお互いの預金残高も知りません。

ただ、私の口座から住宅ローンや水道光熱費などの諸々が自動引き落としになります。

女房は食費と教育費担当で、それ以外は全て貯蓄に回すようにしている筈です。


さて。

1月3日はもう何十年も続いている恒例の新春麻雀大会と言うことで、とある友人宅に集まりました。この家では5人家族で頻繁に麻雀をやっています。

友人である夫婦は子供達に小さい頃から麻雀の英才教育を施してます。(笑)

すごいことに自宅に全自動麻雀卓があります。


このお宅、真っ白な大きな家なんですが、つい最近分かったんですが、積水ハウスで建てていました。もう、築7年だそうですが、外見も室内も綺麗に維持されています。

家の中は特に暖房を付けている様子は見えないのに凄く暖かくて、汗が滲んでくるくらいです。シャーウッドではないとのことですから、多分鉄骨系だと思います。

二階の部屋には全て大きなバルコニーがついている南向きの素敵な家です。

特に遮音に気を使ってはいないと言いますが、密集した住宅地の割に周辺の生活音などは全く聞こえません。

最近の家造りは進化していることが実感できますね。


今の自宅なんて閉め切っているのにトラックのバックブザーなどが聞こえるので、宅急便が来たのがすぐ分かります。換気用のドア下に隙間もないのに家中の音も聞こえます。

まさに、24時間自然換気システムが機能する先進の家だった訳です。(笑)





トイレの工夫(猫トイレ)

今日は里帰りしていた女房を迎えに行ってきました。

下りは思った程混んでいませんでした。もちろん、登りはそろそろ渋滞が始まりそうな感じでした。みなさん三崎のマグロでも買ってきたんでしょうかね。


女房の実家には妹親子が来ていました。

妹夫婦も昨年夏に家を新築したばかりで、義弟もなかなか凝り性で家の設計に半年費やしたとか、持っていったipadで間取りを見せると色々とアドバイスをくれました。


間取りを見ているうち、

「あっ。どこかで見た感じ」

と声を上げました。


そうです。私、トイレをパクリました。

パクッたトイレはこれです。


妹夫婦の家には猫が7匹もいます。

そこで、トイレ臭気をなんとかするために、トイレを大きくして人と猫の兼用トイレにしていたんですね。

うちの場合は単に猫トイレを壁際に置くだけですけど、妹夫婦のところは仕切のカーテンが付いています。

ここには換気システムの吸気口が付くので臭いが籠もらなくてよいのです。


実はこのトイレ、私の設計では2×2だったんですが、設計士がお得意の勝手に変更で変えてしまいました。1.5×2に・・・。

これでもなんとかなるから良いんですが。許せないなあ。


猫って、人が見ていても平気で用をたします。

無表情でプリプリとやります。(照れたら怖いか・・・)


今の家もトイレのドアの外に猫トイレがあるんですが、人の後を着いてきて同じタイミングでトイレを使うことが多くて、もしかすると新しいトイレではネコと一緒にトイレを使うこともあると思います。

私は良いけど、娘達は抵抗あるだろうな。

もちろん、ドアのネコ通路にはロック機能があるので閉めて入るでしょうけど。


家の遮音性能について

2016年も早いもので2日が経ちました。(笑)


今日は里帰りしている女房を迎えに横須賀にいきます。本当は行きたくない。道路が混むから。このくそ寒いのに何故人は冬の海を目指すのか・・・。

横須賀から葉山、逗子を抜けて鎌倉へ向かう海岸線なんて駐車場状態だったりします。

悪いことは言いません。この時期に鎌倉へ行くなら電車で行きましょう。

間違っても車では行ってはいけません。渋滞で並んで、駐車場待ちで並んで・・・。


さて。

新しい我が家は以前にも書きましたが、米軍の座間キャンプと海上自衛隊の厚木飛行場のほぼ中間に位置しています。

座間キャンプでは何故か日中は一日中ヘリが飛んでいます。バタバタバタと言う音が聞こえます。

そして、厚木飛行場はP3Cなどの哨戒機が一日中飛んでます。それに混じって米軍の自称低騒音戦闘機が訓練飛行します。そして、横須賀に空母が入港している時は整備の為に蜂が飛んできます。蜂とはF18スーパーホーネットです。

海自の哨戒機はプロペラ機であんまり気になりません。これは横浜辺りでもたまに飛んでます。とにかくうるさいのは蜂です。

周辺の全ての音を凌駕する騒音は圧倒的です。120~130dbはアッチョンブリケな音です。

新幹線のホームで真横を時速300キロで新幹線が通過している際に、横でグラインダーで鉄板を切断している感じです。要するに、ゴーと言う音にギーンと言う音が混在した音です。

かつて、あの地域では夜間の離発着訓練が行われていて朝から深夜までこれが繰り返された時期がありました。今は、硫黄島で実施されるようになり殆ど厚木では行われなくなったようですが。

4月から12月までの8ヶ月、結構な回数現地に行ってますが、この音を聞いたのはたったの2回です。現在、空母は横須賀に入港していますが、以外と来ないもんですね。


と言うことで、あそこに家を建てる上で一番気にしたことは高気密でも高断熱でもありません。高遮音な家だった訳です。

ただ、高遮音を求めるとおまけで高気密・高断熱な家になると言うことですね。


私が頻繁に見学していた住宅展示場は横浜の港北にある第三京浜港北インター横にありました。ここは現在も新路線建設の工事が行われています。

インターチェンジもあり、車両の騒音と大型工事車両の出入り、重機の稼働音と騒音のオンパレードです。

つまり、遮音性能を確認する上では最高のステージでした。


ここで、モデルハウスを見た感想を書いておきます。

私はこの遮音性を確認したくて、暇があると各モデルハウスにお邪魔して10分ほど静かに耳を澄ますことを繰り返してやっていました。1ヶ月くらいこれを繰り返していました。


最も遮音性能の高かった家はと言うと、それはスゥエーデンハウスでした。

真横でクレーン車が作業をしていたのに窓を閉めると殆ど聞こえませんでした。

最もがっかりしたのが・・・、申し訳ありません。

鉄骨造りの積水ハウスでした。とにかく窓がでかくて明るいモデルハウスでしたが、裏の道を軽トラックが通過した音が聞こえました。営業さんに「どこか窓が開いてますか」と確認した程です。

ダインコンクリートの家でしたが、一階の窓の比率が50パーセントと開口部を大きく採っていたためでしょうね。もしかすると最新のサッシじゃないのかも知れません。

その他、鉄骨系ではパナホームやトヨタホームも遮音性は高くなかったですね。

比較的に遮音性が高いのはツーバイ系の家でした。前述のスゥエーデン、一条のismart辺りは良好でした。


この騒音確認は近くを鉄道が通る展示場でもやりました。線路まで50メートルくらいの展示場でしたがどこの家も窓さえ閉めれば殆ど聞こえませんでしたね。


結局は家に窓が有る限り音の侵入は防げないと言う事です。ただ、スゥエーデンハウスの木製サッシだけは異次元の遮音性でした。

じゃあ。なんでスゥエーデンハウスにしなかったか・・・・。

頻繁に窓枠を塗装し直す手間は私には無理です。まして、私が居なくなった後に女しかいない家族には無理です。


たぶん、遮音性能だけならコンクリートの家が一番でしょう。大成パルコンやレスコハウスも見学して実感しました。

なぜコンクリート住宅にしなかったか。

それは私の頭の中にある方が言った言葉が残っているからです。

若い頃に生コンプラントの自動化システムを開発していた頃の話です。そこの社長が破砕試験室を案内してれたときに呟いた一言。

「コンクリートが固まる理由は厳密には解明されていない。だから、いつまで保つかも分からない。堅さなんかは色々な薬品で調整できるけど、耐久年数についてはいかんともしがたい」

もちろん、100年近く建っているコンクリート造りの建物もあるでしょうが、某国のように3年で崩壊するコンクリート造りもあります。

だから、私はコンクリート造りの家は気が進みませんでした。


安心して下さい。


殆どの日本のコンクリートは安全です。・・・たぶん。


最新の家は外壁も良い物ですし、それなり断熱材も入っているので家自体の遮音は良くなっていて-50~-60dbくらいの性能があるそうです。

ただ、サッシ性能は良い物でも-35dbですからここから音が入ります。


木造で究極の遮音住宅を建てようとしたら窓の無い家になります。ですが、建築基準法に従う限り採光の為に窓は必要です。

ならば、窓は小さくて全てFIX窓にすればいいことになります。ただ、これだと消防法にひっかかるので、全部と言うわけにはいきません。


引き戸のサッシはレール部分はどうしても気密性に限界があるため如何に優れたガラスを採用してもD35の限界を超えられないと言います。


そうなるといわゆる「すべり窓」スイングサッシが選択肢となるわけです。


遮音を考えるなら出来るだけ小さいスイングサッシがベストチョイスとなる訳です。


ただ、家を建てるならリビングに大きな窓を付けたいと言う願望と相反するものです。


では、我が家はどうしたか。


仕事部屋だけ本格的な防音室にしたと言うことです。


その他の遮音については今後の打ち合わせに出てくる積水音響研究所の担当者との打ち合わせで決まっていくので、その結果をここに掲載する予定です。