ぽこにゃん積水ハウスの里楽で平屋を建てる

2016年の7月に積水ハウスの里楽で平屋を建てました。
神奈川県のど真ん中に敷地130坪、延床43坪の家です。始めての庭造りや家庭菜園に悪戦苦闘しています。
趣味の釣りなど、遊びや日常のことも書いていきます。

ニャンコのトイレ

今朝の自宅付近の様子。

車が出せません。

この辺は高台で、平地で10センチだと間違いなく15センチは積もります。

積もるとご近所さん総出で雪かきをするんですが、新居は同じくらいの場所を一人でやらなくちゃならないので憂鬱です。

まさか、年に1~2度の降雪の為に融雪設備なんて付けられませんからね。

とりあえず、次に買う車は4WDにします。


さて、掲題のニャンコのトイレですが。

イメージとしてはこんな感じです。

ドアに猫の出入り口が付いていて、中が広いだけですけどね。

トイレは4平米の広さがあります。もちろん、目的は介護用と言うことです。

2メートル×2メートルは結構広くて、たまに店舗なんかにある障害者トイレに近い広さがあります。

こちら側に手摺りがついていて、正面の壁はエコカラットです。


今は猫トイレは2カ所あるんですが、向こうではここだけにしようと思っています。ただ、派閥争いが続くようなら私らの寝室に追加しないといけません。

仲良くしてくれないかなぁ・・・。






こだわりがないと言いつつも

なんだか雪の予報が出ていますね。

新居で庭に降る雪は見たいと思っていますが、今はいらないです。

明日は営業さんと外壁見学の予定なんですが、午後からだから平気かな?


さて、以前こだわりが無いと書きましたが、家を建てたら絶対ここのお風呂を付けるとかここのキッチンじゃないと駄目、カーテンはどこそこと言った類ということです。

まあ、私の性格なんでしょうね。物を買うときに色々な店を見て充分見当してから購入する方が多い中、私は一店舗でさっさと買っちゃうんですね。

単に面倒臭がりで歩き回るのが嫌いなだけですが・・・。

なんでも大型店に行って、ポンポンポン(パミュパミュではない)と買っておしまい。


今回も設備に関しては積水ハウスの標準品のままで、強いて言えば洗面台を90センチ幅から1メートル幅にしてキャビネットを付けただけです。

これは営業さん曰く、洗面室&ランドリースペースに余裕があるから広げてはどうかと言う事でした。


なんで、洗面台が大きくなったかと言うと、ここにこだわりがあったんですね。


今住んでる建売は洗面室とトイレが暗くて非常に狭いんです。

この家の気に入らない場所ナンバーワンだったんですね。


だから、もし家を建て替えることがあれば絶対にこの二つの場所は広くて明るくしたいと思っていたんです。

幸運にも今回は夢が実現できることになったんですが。


洗面所ってのは殆どがお風呂と繋がってる場合が多いですよね。

ここは朝の準備をする場所であり、帰宅後に疲れを癒してリフレッシュするお風呂のある場所なので、そんな場所がとって付けたような空間では駄目だと思うんです。

この場所こそ明るくゆったりとした空間が必要だと私は思っています。

本当は6平米以上は確保したかったんですが、間取りの関係で5平米になっちゃいましたが、今の2.4平米よりは随分と広くなったので納得しています。

画像の窓は小さいですが、実際は40×86の霞ガラスのSWサッシが付きます。

ちょっと後悔しているのは風呂に大きな窓を付けて庭が見られればよかったなぁと言うことでしょうか。


他にこだわった部分としては・・・。

玄関ポーチですかねぇ。

今の家の玄関ポーチは庇が小さくて、雨の日に外で傘を畳むと濡れてしまうんですね。

大雪なんて降った日にはドアを開けた途端にいきなり雪ですから・・・。

だから、今回はしっかりと庇の付いたポーチにしたかっのです。

まあ、ちょっと予想より深い奥行き2.5メートルのポーチになりましたが。(笑)

満足しています。

庇に関しては今の家は全ての部屋にベランダがあるんですが、一カ所として庇がありません。だから、雨の日は開けられません。当時の流行だったんでしょうか。

今回、屋根の軒を85センチと延長しているんですが、場所によっては効果を発揮しないところもありますが、勝手口などは駐車場から濡れずに歩いてこられるので合格でしょう。


おまけ。

この画は30年ぶりに絵を再開した時に書いた鉛筆画です。

目が大きな魅惑的な女性ですね。うちの女房とは全くかけ離れています。(笑)








和室と最終間取り

我が家の間取りで最後までもめたのが和室を作るかどうかでした。

女房のお父さんが84歳で一人暮らしをしているので、いずれこちらに引き取るつもりで居ます。その際にどうせベッドの生活なんだから洋室でいいと言うのが女房の意見なんですが、失礼な言い方かも知れませんが、その用途よりその後の用途の方が遙かに長いのだから客間としても使用できる和室にすべきだと言う私の主張が通った訳です。

結果としてベッドを置くための板の間を作りました。

見えない方に1.5畳の広めの物入れと仏間があるので、板の間はこっちにしました。

ベッドに横になってテラスが見える感じにしてあります。屋根が掛かっているので直接日差しが当たらないのでよいかなと思います。窓際に高さのあるプランターで花を植えれば良く見えますよね。

それに、何かあったときにはこちらの畳の間に布団を敷いて寝ることが出来るのですぐに対応できるのです。


この和室、いかにも和室と言う造りにしていません。

天井は組木細工っぽい素材で、照明もシーリングではなく四角い枠に収まったダウンライトを4つ付けました。

仏間も扉を閉めると分からないようになっていますし、物入れのドアも襖調ではなくて洋室のドアです。


リビングとの見切りは吊り戸にしたので敷居が無く、リビングと和室の板の間の連結感を旨く出るようにしています。開け放つとリビングの延長に畳の間があると言うちょっと面白い空間になります。

要するに、開けておくとロボット掃除機が仕事をしてくれると言うことです。


和室は我が家でもっとも日当たりが良い部屋です。

2.6メートルの掃き出し窓が太陽の光をたくさん取り込んでくれます。

恐らく、春先は猫達が日中ここで日向ぼっこをするんだろうと思います。

もちろん、私も・・・。


そして、いよいよ来週の土曜日に最終の図面と仕様書が上がってきます。

これが私が確認した最後の間取り図です。

6LDK+納戸です。

描けていませんが、玄関ポーチは北側にもう1メートル伸びています。

それ以外はほぼそのままです。

表記はメーターモジュールです。尺モジュールだと1.2倍で畳数を見て下さい。

外寸としては12.5メートル×12.5メートルで収めました。

基礎面積は約140平米です。(地盤改良費が・・・)

和室上の二階の部屋と納戸は載せていません。


あれ。玄関タイルとかまだ決めてないような・・・。




予備校も決まって一安心

うちの下の娘は来年は高校受験なんです。

それも、新居の近くの高校に入ることを前提にしています。

なんたって、交通費がかからないのだから、それにこしたことはありません。

ところが、残念なことに学力が及ばない可能性が・・・。

そんな訳で本日、女房と連れだって予備校の入学手続きをしてきました。

まあ、あんまり勉強が好きな方ではないんですが、自分の置かれた状況を理解しているのか、予備校に入ることに抵抗はないようです。

塾の先生は多分、目の前の慶応大学の学生さん達なんでしょうね。


さて、今回は趣味で書いてる画を掲載します。

これはPCのペイントツールで書いたものです。

車体を描くだけで疲れ果てて、背景は手抜きしました。

こっちは水彩。ベネチアの写真を見ながら描きました。


水彩の方が味が出て好きなんですが、PCだと色塗り失敗しても簡単にやり直せるので楽なんですよね。


とにかく時間を持てあましている人なので、画でも描いて余生を送ります。(笑)

でも、向こうにいったらNゲージの鉄道模型がやりたいですね。山や町、民家とかコツコツと作ってみたいですね。でも、猫達が破壊するんですよね。

以前作った建築模型なんてボロボロです。(笑)





リビングについて

本日、移転登記に必要な書類に署名捺印して司法書士に返送しました。

これで1月20日に晴れて土地の権利を取得します。


いよいよ具体的に物事が動き始めます。


既に古屋の家電品などは撤去され、各種メータの取り外しや電線等の撤去も終わりました。約二週間後に解体作業が開始されます。


久しぶりに次女と顔を合わせたのでipadの画面でパースを見せたんですが、長女と同じで「ああ、そう」みたいな反応。

私が心血を注いでひねり出した設計をたった4文字で片付けちまいました。

息子だったらオヤジと一緒にあーだこーだと間取りを考えたりしたんだろうかと思ってしまいました。


父親にとって娘と言うのは本当につまらん生き物です。(涙)

千葉のネズミやアヒルなどの非現実的な物にはやたらと感動するくせに・・・。

まあ、今更愚痴を言っても始まらないので、このくらいにしておきましょう。


そうそう、窓を付けたキッチンのイメージができました。

色もこんな感じで、天板は人工大理石なのでこんな白っぽい雰囲気です。シンクは横幅92センチなのでこんなもんでしょう。横幅は3メートルだそうです。

足下にでっかい床下収納も付けました。この位置から言うと、背中の位置に大きなパントリーがあります。パントリーは必需品です。


そして、このキッチンから右を向くとこういう景色です。

割と明るい感じに仕上がりました。

今回は窓や扉を実サイズに合わせて変更しました。

南向きなので天気が良ければ一日中日が当たっている庭が見えます。

和室の畳は猫がいるのでい草ではなく合成のものにしました。


「どうだ。いい感じだろう」

と私が言うと。

「まあ。あんまりリビングにいないし。どうでもいい」

と娘。


確かに、今でもいつもリビングにいるのは私と女房と猫だけですが・・・。


そうなんです。

娘らは通常は殆ど部屋から出てこないので、これでも広いくらいなのです。

長女なんて、食事は部屋で摂るのでトイレと風呂以外は姿を現しません。

天然記念物扱いです。(笑)


ある意味、とても静かな家です。


ボーッとソファーでテレビを見ている私の足下を猫とロボット掃除機が動き回るん日常が繰り広げられることでしょう。


平和と言えば平和です。


そうそう。先日のこと、久しぶりに現地にいったら新居の近くにドンキが出来ていました。行ったこと無いですが、便利なんでしょうね。24時間営業だし。