ぽこにゃん積水ハウスの里楽で平屋を建てる

2016年の7月に積水ハウスの里楽で平屋を建てました。
神奈川県のど真ん中に敷地130坪、延床43坪の家です。始めての庭造りや家庭菜園に悪戦苦闘しています。
趣味の釣りなど、遊びや日常のことも書いていきます。

三日間不在

函館~苫小牧にドライブに行ってきます。


行きは青森から函館にフェリーで渡り、帰りは苫小牧から八戸に渡って帰って来ます。


いつもの弾丸ツアー。


帰宅は21日深夜の予定です。


最低でも函館の夜景と五稜郭は見学したいです。


玄関脇の桃。


直径5センチくらいです。


去年もそうだけど、これくらいにしか育たない感じです。


それでは行って参ります。



教習シミュレーター

自動車免許を既に持っている場合ですが、普通自動二輪の小型限定AT免許を取得するには実車による教習が5回、シミュレーター教習3回の計8回の教習が必要です。


私が42年前に免許を取得した時、このようなものは世の中に存在しませんでしたね。あったとして、巨額のため教習所が設置できるようなものではなかったはず。


これがそのシミュレーターです。600万円するんだそうです。

正直言って、実車とは似ても似つかぬ操作性と言わざるを得ません。この装置、座るところをスクータータイプのAT車に交換することも出来ます。


特に交差点を左折する際、なるべく小回りするようにと言うけれど全然曲がらない。車体をエイヤッてくらいに気合いをいれてガシャッと倒さないと小回りなんて出来ません。
そもそもこんなにギクシャクしていたら道路なんて走れません。


わおっ。書いてる最中(18日朝7時58分)に大阪で震度6弱・・・。
なんかフワフワと気持ち悪い感じがしました。神奈川県の綾瀬地方は震度1でした。
大阪方面の皆さん無事ですか?


話を元に戻します。


何故にこのようなものを3時間も使うかと言えば、二輪は仮免許と言う制度がないので教習で路上に出ることが出来ないからです。


昨日、このシミュレーターの授業がありましたが、私を含めて3名の方が受講されました。他のお二人は30代でしょうかね。


一人ずつ交代でやります。


一人目の方はマニュアル車。足下のギヤをガシャガシャやりながらなんとか無事に走りました。ただ、バスの優先道路でバスに煽られていることに気づかなかった点を注意されてました。コースは短いはガシャガシャやってるからそっちが気がかりで後ろなんて見てる余裕はなかったのかな。まあ、私が教官でも足下気にしてるようじゃ危なくて免許は上げられませんけどね。


二人目の方は普通二輪AT(399ccまで乗れる)の方。この方は後方から救急車が来てパニック、それに全コース40キロのところを20キロでトロトロと走ってました。見た目は中年ヤンキーみたいなワイルドな人なのに意外と小心者なんだと自白してました。
まあ、無難に運転してましたけど、臆病すぎ。


3人目は私。教官、私が少し前まで中型二輪に乗っていたことを知ってか、一番面倒なコースを選択したっぽい。とにかく、曲がる回数は他の方より格段に多いはロータリー交差点まで登場。さらに、救急車は後方からやって来るは、信号待ちの手前に消防署の停車禁止ゾーンまで登場させました。まあ、そんなものにひっかかる私ではありませんけど。
「○○さん、スピード出しすぎ」と教官。
「30キロ道路、40キロくらいは普通でしょ」みたいな私。
実際、路上検定で10キロまでの速度超過なら見て見ぬ振りかな。


たぶん、シミュレーターを作っている三菱電機をはじめとしたメーカーさんは次はVRを使った製品を出してくるんでしょうね。


ただねぇ、VRはたぶん半分の方が気分が悪くなるかも知れません。私は自宅にPS4のVRがありますが、レースなどのVRゲームをやると酷い目眩がして気分が悪くなるのでほとんどやらなくなりました。バイクシミュレーターには最も適した仕組みなんですが、今後、気分が悪くなるのは改善されるんでしょうか。


さあ。今日は雨の中2時間の実車教習です。これが終われば後はシミュレーター1回と実車1回でいよいよ卒検です。


スムーズに行けば6月中には終わるんですけどねぇ。














珍しく予定のある日々

今年は豊作だと思っていたビワですが、この二日の間に殆どが鳥に食べられてしまいました。結局収穫できたのは2つだけ。(TT)
何やらスズメの3周りくらい大きい黒っぽい鳥が2羽で美味しそうに食べておりました。
日頃、あまり野鳥の姿を見ないのに収穫の時期を知っているんだろうなと思いました。
次はブドウか・・・。

赤くなったトマトとイチゴ。トマトはこれからどんどん赤くなります。


さて、3日前から教習所に通っています。
小型限定の二輪免許を取るためです。
教官は普通二輪にすればいいのにと言うんですが、体力的に無理だと言うと先日71歳の方がめでたく卒業されましたよと・・・。


世の中には体力気力に溢れた70歳もいれば、くたびれた60歳だっているんだよと言うと笑ってました。


昨日、1段階2時間の実技指導を経て、めでたくも2段階に進みました。あと3時間乗ると卒検です。

上の写真は卒検のコース。第一コースもあります。このどちらかで卒検をやるんだそうですが、覚えられないわ~っ。


2段階の3時間で2つのコースを覚えなくちゃならんいと言うのはきついなあ。1本橋以外は自信があるけど、コース覚えるのがこれほど厳しいとは・・・。


1本橋、歳を取るとバランス感覚が悪くなるのか、最後の最後で落ちてしまう。スピードがあれば普通に渡れるんですが、5秒以上かけないとてけなくて、友人曰く落ちるよりは時間が足りない方がマシだよと・・・。


4年前まで250のスクーターに乗っていたので運転に問題はありませんが、いわゆる試験の為の走り方ってのは別物ですからね。(^^)


しばらくコース図とにらめっこです。









オジンライダー復活か

4年ほど前に免許の更新を半年も忘れていてあわや運転免許失効と言うところでした。


普通免許の方は仮免状態で頸の皮一枚繋がっていましたが、二輪免許は失効してしまいました。普通免許は教習所の仮免許コースで2週間ほどでスピード取得しました。


頸椎症のある私は主治医からバイクの利用は控えるようにと言われていたので、その時点では2年ほど乗っていたスズキのスカイウエイブ250を手放していました。通勤で毎日乗っていたのが良くなかったようです。


そして、この度ふたたびバイクの免許を復活させようと思ったのは湘南海岸で釣りをしたいからです。駐車場の極端に少ない湘南海岸ですがバイクなら入っていけますし、駐車場の心配がいりません。(駅前とかで駐めて置くと駐禁になるので注意してね。一度駐禁の切符を切られたことがあります)


今回取得しようとしているのは以前持っていた普通二輪免許ではなく小型限定二輪免許です。俗に言う原付2種と言う50~125ccまでのバイクに乗れる免許です。


街で見かけるピンク色のナンバーが125ccクラスのスクーターやバイクです。


普通4輪免許があるので50ccの原付でも走れないことはないのですが、なにせ制限速度が30キロだし、二段右折とかあって面倒くさいので・・・。


この原付2種は教習所に行けば最低8時間の教習で取れるそうです。自動車の免許を持っていれば教習所を卒業すればすぐに免許がもらえます。


同い年の連中からはいい歳してバイクは危ないとか色々言われますが、とにかく安全運転で走ります。まあ、用途は早朝の浜での釣りですから、通常は軽自動車で移動します。


免許が取れたら購入を予定しているのがこのスクーター。


トリシティーと言うYAMAHAのバイク。見ての通り前輪が2つあって、安定性が高いことで定評なんだとか。雨の日に乗るつもりはありませんが、2輪あるのでスリップもしにくいとか。


後部に荷台を付けるかボックスを付ければ釣り道具も入ります。あとは、背中に釣り竿を背負い颯爽と走るイメージです。(^^)


早ければ7月には道路を走っていることでしょう。


以前は250のスクーターで伊豆や岩手などツーリングに出かけましたが、今回は家から30分程度の場所より遠くにいくつもりはありません。


行っても宮ヶ瀬湖で橋の上からワカサギ釣りくらいでしょうか。


まずは教習所に行かねば。







館山へ釣りに行きました

金曜の夜から南房館山に行ってきました。


21時頃に横浜で友人を拾って第三京浜から首都高、アクアライン、館山道を通って金谷で降りる。


夕食がまだだったのでガストで食事をしていると凄い雨・・・・。


予報通りだと朝まで止まないとか。ドドーンと雷まで鳴る始末。


0時近くまでガストでグダグダとしから館山港へ移動。


館山港に着くと岸壁に車を駐めてテレビなんぞ見ておりました。


実は私とこの友人、二人で釣りに行くと天気は殆どが晴れると言う最強コンビ。


さすがに今回はと思っていましたが、6時頃まで雨がふる予報が3時過ぎには上がり、4時頃には雲も切れてきました。

私は運転疲れ頸の痛み止めのせいで運転席を倒して仮眠中。友人はさっさと道具を出して釣り開始。


どうやら小サバが沢山いるらしてくサバが釣れると外で騒いでおりました。


周辺が明るくなって起き上がって見ると、岸壁は沢山の車で止まっていて皆さん釣り竿を出して楽しそうに小サバを釣っています。


私もようやく車から出て釣りを始めましたが、メバル用のジグ仕掛けでは針が大きくて小サバはかからず。


仕掛けを変更して虫餌を投げてみるとシロギスやメゴチが釣れました。

9時くらいにはなると気温は上昇して30度に・・・。

友人もサバに飽きてキスを釣るつもりで始めるも、竿が駄目だとかリールがおかしいとかとっかえひっかえして、30分くらい色々やって最後にキスを1匹だけ釣りました。


9時半くらいになって戻りながらいい場所があれば磯から浮き釣りをしようと言うことで来た道を戻ります。


保田の手前、岩井と言う場所で小さな港のある岩井袋に到着。写真を撮り忘れましたが、ここではベラ、サバ、フグしか釣れませんでした。


外向きの磯では他の釣り客が既に釣りをしていて、私たちは小さな湾内で釣りをしていましたが、外向きだと違う魚が釣れたんでしょうね。


11時、目当ての食堂は超有名店。混まないうちに行こうと言うことで出発。


保田の「ばんや」に到着。ここは漁港の直営店、休日ともなると長蛇の列が出来るとか。

作戦通り、まだそんな混んで無くて15分程待ってテーブルへ。

オーダーしたのは、友人がまかない丼、私はイカの掻き揚げ丼と刺身3天盛り。


量が多すぎ、大振りのかき揚げが3つも載っていて、とうとう一つ残してしまいました。


刺身はさすがに新鮮で、釣り直後に捌いて食べる我々が食べても美味しかったです。


周りを見ているとどの料理も山盛り状態。これなら人気が出るはずです。


色々と食べたいなら4人くらいで来てみんなでつついて食べるようにしないと駄目です。


次回は海岸からの投げ釣りをメインに釣りをしたいと思います。


おまけの菜園写真


温州みかん

ブルーベリー

イチゴ

キュウリ

枝豆


ちょっと無理をしたのか腰や背中が痛い日曜日でした。