ぽこにゃん積水ハウスの里楽で平屋を建てる

2016年の7月に積水ハウスの里楽で平屋を建てました。
神奈川県のど真ん中に敷地130坪、延床43坪の家です。始めての庭造りや家庭菜園に悪戦苦闘しています。
趣味の釣りなど、遊びや日常のことも書いていきます。

庭の整備

先日、いつもお世話になってる造園屋さんにお願いして庭の芝刈り、除草、枝打ちをしてもらいました。もちろん、カオスしていた畑も・・・。


もさもさだった芝もこの通り。

周辺の雑草も綺麗さっぱりとなくなりました。


さて、庭の様子を少し紹介します。


まず、ブドウ。デラウエアですが、現在の様子。

結構あちこちに房が出来ています。コガネムシがぶんぶん飛んでる。


トマトは豊作。ナスの花もチラリ。

ブルーベリーも色づき始めました。

みかん。去年は1つだけでしたが・・・。

今年は8つくらい育ってます。反面、去年好調だったザクロが1つだけでした。


春に気まぐれに植えたレモン。

一度は芋虫に新芽を全部食べられてしまいましたが復活。しかし、また少しかじられてる。探してみたけど芋虫はどこにいるのか見つかりませんでした。今回は絶対に阻止するぞ。


順調に伸びていたスイカですが、庭師さんが足で引っかけて切ってしまいました。20センチくらい残ってますが、ここからの巻き返しはなるか。


それから夏ミョウガがたくさん出て来ました。冷や奴に載せて美味しくいただきました。


北の庭の方もやってもらいました。

雑草に埋もれていたクリスマスローズもくっきり

そして、風の強い日はセコムがやたら反応していた梅も枝打ちしてもらいました。


さすがにプロの仕事は凄いです。


そうそう、7/20に外房にマダイ釣りに行ってきました。

1.1キロを筆頭にそこそこの釣果でした。
当日はうまい具合に船のキャビンの陰にいたため涼しい海風に吹かれてほとんど汗もかかずに快適な釣りをさせていただきました。大量に買っていったスポーツドリンクは飲まなくて済みました。


さてと次は8月4日に再び銚子のヒラメ釣りです。







お暑うございます

7/14に釣り仲間達と東京湾のシーバス釣りに行って参りました。


とにかく暑くて大変でした。大量に買っていったスポーツドリンクをがぶ飲みし、冷却グッズを首に巻き、さらに冷却スプレーを吹き付けて8時間の長丁場をなんとか乗り切りました。


私はシーバスはメインではないので後方から観戦、動画の撮影などを行っておりましたが、とにかく暑くて・・・。
この日、熱中症警報では最高レベルの警報が出ていましたね。


友人は念願だったルアーでスズキを釣ると言う目標を達成して大変満足だったようです。

この後、この友人は60センチのマゴチもあげて大満足な一日だったようです。


釣ってる連中はアドレナリンが出ていて暑いのも平気みたいな感じでしたが、私と船長さんはヒーヒー言ってました。(^^)


後半に私もなんとか小さいマゴチを1匹釣り上げました。写真も小さい。(^^)

まだまだ暑い日が続きます。


やめればいいのに、7/20と8/4は既に釣りの予定があります。ただ、釣りは午前5時から11時までと暑さのピーク前で終わるのでいくらかマシでしょう。


しっかりとした対策をして行きたいと思います。


皆さん、外に出るときは水分をしっかり摂りつつ活動してくださいね。まあ、出ないで良いなら家にいましょう。(^^)


副作用

結局のところは中耳炎ではなく外耳炎で済みました。


と言うか耳の病気ってなったことがなかったので良く分かりませんでした。


で、今回処方されたミノサイクリン塩酸錠と言うのがどうも私には合わなかったようで、夕食後に始めて服用して一晩明けた時、頭がクラクラしていて、なんと真っ直ぐ歩けない状態になりました。揺れている船の通路を歩いているような感覚で壁に捕まってないと歩けない状態でした。


その日は工事の打ち合わせと言うことで業者さんと外で立ち会いをする予定だったんですが、とても外に出られる状態では無くて終わったら知らせてくれと横になってました。


このミノサイクリン塩酸錠と言うのは抗生剤なんですが、今まで色々な抗生剤を服用してきたけど、こんな副作用は始めてです。


翌日、病院に電話して状況を説明するとすぐに来てくれと言われたので行ってみました。
待合室は患者さんでごった返してましたが、最優先で診察室へ・・・。


医師「目眩がする薬なんですよ」
私「そんな可愛いもんじゃないですよ」
医師「良く効くでしょ、あの薬」
私「抗生剤で良く効くって意味がわかんないですけど」
医師「耳の調子が良くなったとか」
私「吸引してもらった時に症状は改善したから分かりません」
医師「・・・。取りあえず抗生剤の種類を変えましょう」
私「目眩の無い奴をお願いします」
医師「少し弱いやつを出しましょう」


で、新しく処方されたのがオーグメンチン配合錠250RSってものすごく早そうなバイクみたいな名前の錠剤。なんと、朝・昼・夕・就寝前と1日4回も飲むんだそうです。
250って250mgってことですよね、妙にでかい錠剤です。大豆くらいある。ほら、やずやの黒酢みたいな・・・。


現在、なんとなく右耳に違和感はあるものの殆ど以前の状態に戻りつつあります。
来週の月曜にもう一度通院しておしまいかな。


このところ週に何日かは体調を崩すことがあって、耳から来ていたんでしょうかねぇ。


さてと、次は眼科に行かねば・・・。




耳が痛い

耳が痛いって・・・誰かに小言を言われた訳ではありません。


なんか、耳の奥が少しズキズキするような重い痛み。


実は、今朝方ですが横になっていたら右耳で何かが流れるような感覚があって指を入れようとしたら何やら液体が・・・。


もしかして、これは「耳だれ」と言う奴かなとネットで調べました。


そう言えば、2日前に耳の中が痒いので綿棒でゴリゴリと掃除をしたんですが、無理矢理やると中耳辺りを傷つけてしまってそこが細菌感染すると漿液と言うのが分泌され、いわゆる「耳だれ」になるんだそうです。


で、これが中耳炎などに進行すると痛みも現れるとか。


取りあえず、綿棒でオロナインを塗布して起きました。


いずれにせよ、ちょっと右が難聴気味で耳鼻咽喉科へ行こうと考えていたので、丁度良い機会なので週明けに病院を探して行ってこようと思います。


しかし、横浜に済んでいたころは病院も沢山あったんですが、こちらに来たら少ない。


もちろん、もちろん人口100万を超える横浜市と8万の綾瀬市じゃ比べものにならないのは当たり前なんですが・・・。


ゆったりとした暮らしを望めば多少の不便は我慢しないといけない訳です。都心近くに住めば色々と便利ですが、暮らしとしてはせせこましい。今の暮らしは田舎と言う程でもないけど、かなり格差は感じますね。


以前が便利過ぎたのか・・・。



夏のヒラメ釣り

ヒラメと言うと冬の魚と言うイメージが強いんですが、これが夏が良く釣れるんです。


と言う訳で6/30に行って参りました。


場所は外房、銚子の外川港です。


釣果ですが、私はヒラメ6枚とアイナメが一本。これは船中3位の記録。


十分釣ったので沖上がりの3時間前辺りから適当に時間を潰してました。続けていたらトップ取れたかも知れません。(^^)


2.2キロのヒラメ。ほぼ同サイズ5枚と小さいのが1枚釣れました。まな板は60cmです。1匹は無念にも釣れなかった友人に進呈しました。2匹は親戚にお裾分け。

そして、唯一の外道であるアイナメ。これも40センチくらいありました。

直径30センチの大皿に盛ったヒラメの刺身です。これで半身なんですよ。つまり、2皿できました。

一回では食べきれない量ですね。
もう一匹は煮付け用に切り身にしましたが、厚みが5センチ近くあって、食べ応えがありそうです。


今回は残念な結果に終わってしまったメンバーのリベンジと言うことで7月末に再度ヒラメ釣りに行く予定です。