ぽこにゃん積水ハウスの里楽で平屋を建てる

2016年の7月に積水ハウスの里楽で平屋を建てました。
神奈川県のど真ん中に敷地130坪、延床43坪の家です。始めての庭造りや家庭菜園に悪戦苦闘しています。
趣味の釣りなど、遊びや日常のことも書いていきます。

北海道旅行1日目-その2

一日目の続きです。


夕食を摂るためにHさんと二人市内に出かけました。


私はお酒を飲まないので食事処を探しましたが、あるのは居酒屋ばかり。


よく分からないのですが、この辺りは繁華街なのか単なる飲み屋街なのか・・・。


結局は一軒の居酒屋「イカ太郎」と言うお店に入りました。


威勢の良い挨拶で席に通され、まずは飲み物注文。Hさんは生ビール、私はウーロン茶です。


「何を食べようかぁ」


メニューを見ながら悩む二人。


「まずはイカでしょう」

足が動いてる・・・。


「イカはねぇ、元々透き通ってるんだよ~。釣り人は知っているのだよ」とドヤ顔の私。


Hさん、ホッケが食べたいと言うのでホッケを注文。

う~ん。大きいホッケ。美味しい。


次に焼きホタテ。

旨いなあ。大好きです。


そして、店長のサービスとかでマスの刺身?カルパッチョ?

そして、最も高かったのがウニ・イクラ丼。

これは一人前を二つに分けて貰いました。


私、30年前までイクラが食べられませんでした。しかし、札幌にスキーに行った夜に居酒屋で友人のイクラ丼を食べたところ、美味しいと感じて以来食べられるようになりました。でも、ホヤは駄目です。一度食べたけど受け付けません。


そして焼きアワビ。柔らかくて美味しいアワビでした。

とどめに焼きタラバ・・・の残骸。うーん、茹でカニの方が好きかなぁ。

私、甲殻類アレルギーなのですが、抗ヒスタミン剤を飲んで来たのでその後に蕁麻疹は出ませんでした。


20時。満腹になった二人は一端ホテルに戻り車で函館山に夜景を見に向かいました。


ロープウエイ乗り場の駐車場に到着。平日だと言うのに結構な賑わい。と言うか、飛び交うのは中国語・・・・。


チケット売り場にてロープウエイのチケットを買ったところ、案内の女性が慌てて近寄ってきました。


「ん?」


中国人の方のようで特徴のある日本語で何か言ってます。聞けば、山頂は霧で夜景は見られないので行っても無駄だみたいな・・・。チケットは払い戻しが出来るのでカウンターに行けと言う話。もちろん、速攻で払い戻しをしてもらう。


函館山は交通規制で夜間は22時まで通行止めなので、天候が回復するようなら車で山頂を目指そうと言うことにしました。


一端、市街地に戻りセブンイレブンで飲み物を買いました。駐車場の隣の車の中でお兄ちゃんが何かを真剣に見ています。ああ・・・サッカーワールドカップのコロンビア戦をやっているのか~と私もテレビを点けてみました。


「おっ。勝ってるやないの~」


予想外の状況に思わずニンマリの私。


「でも、後半に同点に追いつかれて引き分けの予感」


とか言ってる間に同点に追い付かれる・・・。


その後少し移動して海岸沿いの駐車場に止める。すると、海に浮かぶ妖しい光。

距離としては30メートルくらい沖に浮いてます。周囲に夜釣りをしている人の姿もなく、たまに横に移動します。しばらくサッカーを観戦しながら見ていましたが結局なんの明かりか不明でした。洞爺丸は暴風雨のため函館湾の5キロ沖に投錨して台風をやり過ごそうとしましたが、風でローリング、座礁、転覆、沈没したそうです。もしかしたらその亡霊が・・・・。


さて、10時になったので再び函館山を目指します。先ほどはおじさん達が入り口を閉鎖していた登山道は通行可能になっていました。坂をドンドン登ると時たま夜景が見えます。


「やったね」


晴れてるぞと勇んで先に進むと山頂手前から霧が立ちこめ頂上まで来ると何にも見えません。同じ事を考えた人達がチラホラやって来るも、皆諦めて引き返します。隣にいた練馬ナンバーの女性も「残念でしたあ」と苦笑い。取りあえず展望台まで行ってみましたが真っ白けっけで何も見えず。


じゃあ、せめて途中の見えた処まで行こうと言うことで下ります。案の定、同じ事を考えた人達が路駐して景色を見ています。

撮れたのはこんな感じでした。


山頂からだとこんな感じなんでしょうね。(拝借)


微妙に角度が緩いけど、なんとか撮れましたね。


むむむ。残念。たぶん、もう来ないんだろうなあと後ろ髪を引かれる思いで下山してホテルに帰りました。


2日目に続く。


北海道旅行1日目-その1

さあ、弾丸ツアーの始まりです。


そもそも北海道に行こうと言う話は前回の奈良旅行の時です。


暇を持て余しているジイさんが二人、阻む物は無し「そんじゃあ、行こうかねぇ」と即断するところがいかにもアバウトな性格。


北海道は30年以上前にスキーで札幌に行ったのが最初でした。その後、一度も津軽海峡を渡っていません。


当初は北海道新幹線で一人旅な~んて思っていたんですがね。


今回もSLKで行こうかと思いましたが、さすがにこの距離だと途中で仮眠も摂りたいしと言うことで広々オデッセイでいくことにしました。

6/18の23時に自宅を出発して6/19の0時に連れのHさんを拾っていざ出陣。


途中で運転を交代しながら東北道をひたすら北上。


福島県の国見PAで2時間の仮眠を摂ってさらに北上。


走ること730キロで青森市内に到着。


丁度お昼時なので和食のお店に入って昼ご飯。


Hさんはホタテのなんとか定食、私は天ぷら刺身蕎麦定食。美味しかった。津軽弁のおばちゃん、さりげなくそば湯のサービスありがとね。


その後フェリーターミナルへ移動。

乗船予定のブルーマーメイドは既に到着していました。大きいねぇ。


大型船は久しぶり。

昔、家族で行ったディズニーのカリブ海クルーズで乗ったのが最後。大きさは全然違いますけど。今回のフェリーは一万トン、このクルーズ船は13万トン。長さは339メートルと戦艦大和よりでかい・・・。


さて、間もなく乗船開始。

車は後ろから入ります。出港の1時間前から車の積み込みが始まりました。


中の様子。

エスカレーターで上がってロビーに到着。コンシェルジュがいます。

通路

往路は3時間半と短いのでビューシートと言う席にしてみました。

船の先頭部分なんですね。窓から見える景色はこんな感じ。

外通路。航行中は歩行禁止。

救命ボート

屋上

そう言えば1954年に台風の為に青函連絡船洞爺丸が沈没した事件があったんですよね。

この事故は日本海難史上最大の惨事で1171名の方が亡くなっています。
当時は就航間もない大型船だったそうですが、今のフェリーが一万トン近いのに対して約半分の大きさだったそうです。


さて、出港して間もなく私は運転疲れもあってシートを思い切り倒して爆睡していたため、目覚めると既に函館港が目前でした。


函館山。おおおっ、快晴だ~、夜景が楽しみだ~。(ところが・・・・・)

函館港。今は走っていないらしい高速船が停泊してます。


18時に予定通りブルーマーメイドは函館港に接岸。


下船すると市街を通って一路今夜の宿泊先へ移動してチェックイン。


本日の予定は市内で夕食を食べ、その後に函館山に夜景を見に行く。


勇んで市内に繰り出す二人。

おおっ。市電が走ってる。


それにしても、市電の線路のある北海道の道はなんとも難解で走りづらい。市電の信号も混ざってるから???ってな感じ。


そして、雪が多い北海道ならではの縦の信号機。

市外の景色は撮影しなかったんですよねぇ。残念・・・。


周辺は居酒屋だらけ、函館と言えばイカだそうでして、どこの店もイカ、イカ、イカ。


と言うことで、この続きは北海道旅行1日目-その2に書きます。




















三日間不在

函館~苫小牧にドライブに行ってきます。


行きは青森から函館にフェリーで渡り、帰りは苫小牧から八戸に渡って帰って来ます。


いつもの弾丸ツアー。


帰宅は21日深夜の予定です。


最低でも函館の夜景と五稜郭は見学したいです。


玄関脇の桃。


直径5センチくらいです。


去年もそうだけど、これくらいにしか育たない感じです。


それでは行って参ります。



教習シミュレーター

自動車免許を既に持っている場合ですが、普通自動二輪の小型限定AT免許を取得するには実車による教習が5回、シミュレーター教習3回の計8回の教習が必要です。


私が42年前に免許を取得した時、このようなものは世の中に存在しませんでしたね。あったとして、巨額のため教習所が設置できるようなものではなかったはず。


これがそのシミュレーターです。600万円するんだそうです。

正直言って、実車とは似ても似つかぬ操作性と言わざるを得ません。この装置、座るところをスクータータイプのAT車に交換することも出来ます。


特に交差点を左折する際、なるべく小回りするようにと言うけれど全然曲がらない。車体をエイヤッてくらいに気合いをいれてガシャッと倒さないと小回りなんて出来ません。
そもそもこんなにギクシャクしていたら道路なんて走れません。


わおっ。書いてる最中(18日朝7時58分)に大阪で震度6弱・・・。
なんかフワフワと気持ち悪い感じがしました。神奈川県の綾瀬地方は震度1でした。
大阪方面の皆さん無事ですか?


話を元に戻します。


何故にこのようなものを3時間も使うかと言えば、二輪は仮免許と言う制度がないので教習で路上に出ることが出来ないからです。


昨日、このシミュレーターの授業がありましたが、私を含めて3名の方が受講されました。他のお二人は30代でしょうかね。


一人ずつ交代でやります。


一人目の方はマニュアル車。足下のギヤをガシャガシャやりながらなんとか無事に走りました。ただ、バスの優先道路でバスに煽られていることに気づかなかった点を注意されてました。コースは短いはガシャガシャやってるからそっちが気がかりで後ろなんて見てる余裕はなかったのかな。まあ、私が教官でも足下気にしてるようじゃ危なくて免許は上げられませんけどね。


二人目の方は普通二輪AT(399ccまで乗れる)の方。この方は後方から救急車が来てパニック、それに全コース40キロのところを20キロでトロトロと走ってました。見た目は中年ヤンキーみたいなワイルドな人なのに意外と小心者なんだと自白してました。
まあ、無難に運転してましたけど、臆病すぎ。


3人目は私。教官、私が少し前まで中型二輪に乗っていたことを知ってか、一番面倒なコースを選択したっぽい。とにかく、曲がる回数は他の方より格段に多いはロータリー交差点まで登場。さらに、救急車は後方からやって来るは、信号待ちの手前に消防署の停車禁止ゾーンまで登場させました。まあ、そんなものにひっかかる私ではありませんけど。
「○○さん、スピード出しすぎ」と教官。
「30キロ道路、40キロくらいは普通でしょ」みたいな私。
実際、路上検定で10キロまでの速度超過なら見て見ぬ振りかな。


たぶん、シミュレーターを作っている三菱電機をはじめとしたメーカーさんは次はVRを使った製品を出してくるんでしょうね。


ただねぇ、VRはたぶん半分の方が気分が悪くなるかも知れません。私は自宅にPS4のVRがありますが、レースなどのVRゲームをやると酷い目眩がして気分が悪くなるのでほとんどやらなくなりました。バイクシミュレーターには最も適した仕組みなんですが、今後、気分が悪くなるのは改善されるんでしょうか。


さあ。今日は雨の中2時間の実車教習です。これが終われば後はシミュレーター1回と実車1回でいよいよ卒検です。


スムーズに行けば6月中には終わるんですけどねぇ。














珍しく予定のある日々

今年は豊作だと思っていたビワですが、この二日の間に殆どが鳥に食べられてしまいました。結局収穫できたのは2つだけ。(TT)
何やらスズメの3周りくらい大きい黒っぽい鳥が2羽で美味しそうに食べておりました。
日頃、あまり野鳥の姿を見ないのに収穫の時期を知っているんだろうなと思いました。
次はブドウか・・・。

赤くなったトマトとイチゴ。トマトはこれからどんどん赤くなります。


さて、3日前から教習所に通っています。
小型限定の二輪免許を取るためです。
教官は普通二輪にすればいいのにと言うんですが、体力的に無理だと言うと先日71歳の方がめでたく卒業されましたよと・・・。


世の中には体力気力に溢れた70歳もいれば、くたびれた60歳だっているんだよと言うと笑ってました。


昨日、1段階2時間の実技指導を経て、めでたくも2段階に進みました。あと3時間乗ると卒検です。

上の写真は卒検のコース。第一コースもあります。このどちらかで卒検をやるんだそうですが、覚えられないわ~っ。


2段階の3時間で2つのコースを覚えなくちゃならんいと言うのはきついなあ。1本橋以外は自信があるけど、コース覚えるのがこれほど厳しいとは・・・。


1本橋、歳を取るとバランス感覚が悪くなるのか、最後の最後で落ちてしまう。スピードがあれば普通に渡れるんですが、5秒以上かけないとてけなくて、友人曰く落ちるよりは時間が足りない方がマシだよと・・・。


4年前まで250のスクーターに乗っていたので運転に問題はありませんが、いわゆる試験の為の走り方ってのは別物ですからね。(^^)


しばらくコース図とにらめっこです。