ぽこにゃん積水ハウスの里楽で平屋を建てる

2016年の7月に積水ハウスの里楽で平屋を建てました。
神奈川県のど真ん中に敷地130坪、延床43坪の家です。始めての庭造りや家庭菜園に悪戦苦闘しています。
趣味の釣りなど、遊びや日常のことも書いていきます。

車の契約

朝起きて女房を駅まで送り、娘が家を出るのをしっかりと確認した後、カメ達にエサをやり、エビ水槽の表面に浮いた無数の水草を片付けて一息ついた頃、メールをチェックするとMINIの営業さんから一報が。


今日、一応約束していたんですが、時間が未定で何時頃にお見えになりますかとのこと。


14時に行くよと返事を送信。


そうそう、今日はSLKの査定もすると言うことで慌てて掃除と洗車をする私。


13時に家を出て国道246を西に向かいます。


昼飯食ってないなあ・・・。


どうしよう、コンビニでおにぎりで買うかなあなどと考えていると既に厚木の手前。


後で食べるかなんて考えているとディーラーの手前に「すき屋」を発見。


カレーライス食べました。(食欲ないのでご飯を1/3残す)


そして予定通りに14時に到着。


所長から担当営業の紹介を受けて詳細説明の始まり。


説明を聞くと少し残念な事が判明。


アダプティブクルーズコントロールはSLKみたいにストップ&ゴーにはならないんだそうです。つまり、速度が30キロ以下になると解除されるようで、最後のブレーキは自分で踏む。つまり、自動ブレーキと言う物がないんだそうです。


いわゆる高速走行で前車の追従はするが、渋滞時には役に立たない・・・。(TT)


ちょっとひっかかるんだけどなあ。そこが一番の胆でしょうに。


まあ、ないなら仕方が無い。クロスオーバーと言う車種には付くんだって。


BMWさん、一体どんな差別化なんですかぁ。


JCWと言えば最上級モデルでしょうに。


あと・・・ミラーがエンジン止めた時に自動でたたまれない。まあ、これはどうでもいいんだけど軽自動車にだって付いてるのにねぇ。欧米人は気にしないのか、住宅事情が違うからでしょうかね。


JCWは概ねオプションが殆ど付いてるので追加オプションは少しだけ。


前方後方ドライブレコーダーを付けます。ETCは2.0が標準、ナビも付いてます。


ナビはiphoneと相性が良いのでなんだか使えそう。


打ち合わせが終わるとSLKの査定が始まりました。


この間を利用してJCWの試乗をしましょうと言うので乗せて貰いました。

2リッターツインターボの231馬力。車重は1.2トンと軽め。


シートに座る。かなりサポート性の高いセミバケットシート(電動じゃない)がついてます。スイッチ類はみんなトグルスイッチで、なんか航空機みたいな感じ。好きだけど。


8速オートマのシフトレバー。シフトレバーにパーキングブレーキのボタンも付いてる。SLKみたいに分からんところにボタンがあるよりいいかも。シフトはカクカクと入れるタイプじゃなく、前後にコンコンと上げ下げするタイプ。慣れないと良く分からない。


いよいよ営業さんを横に乗せて出発。


表の通りに出てちょっとアクセルを踏むと・・・分かるわ・・・この感覚。


ランエボXで味わった加速感。いやっ、それより軽い感じかな。スルスルっと加速する。


SLKは割とまったりと加速を始めてターボが効き出すとグッと来るドッカンターボ。


下からターボが効く感じかな。フラットなターボ属性なのかな。


カーブをちょっと早めに曲がってみる。


おお、良く曲がるじゃん。まるでコペンみたい。って、これもFFか。


少し走ってからスポーツモードに変えてみる。


エンジン音が変わった。足回りも少しゴツゴツ感が増します。ダイナミックダンパーと言うのが標準装備だとか。ワインディングが楽しそう。(^^)


笑っちゃうのがギアが変わる時に背後のパラパラとか音がしてること。


ブオーン、パンパラパラみたいな排気音が特徴のチューンがされているんだとか。


ブレンボのリヤディスクも良く効きます。


周辺を1周して戻るとSLKの査定中。担当者に話しかけると「きれいにお乗りですね」と言われた。7000キロくらいしか走ってないからねぇ。


そんなこんなで店の中に入ると営業さんがニコニコとやってくる。査定が出ましたら注文書を作成しますのでと話が早い。


まあ、4メートル未満の長さでそこそこ走る車ってなかなか無いんですよね。


いいんだけどね。


で、9月の契約枠が取れましたのでって、まだ9月入ったばっかりじゃん。


結局、契約書にサインしました。


価格は・・・アウトランダーPHEVの上級モデル並の価格でした。


今回は社用車として3年リースにしました。(税理士のお奨め)


納車は早ければ12月中旬、遅くても来年1月上旬だそうです。


そうそう、冬だから納車の時はスタッドレスで納車してって頼んだらアルミにブリジストンのブリザックで30万だそうです。ホイールが高いみたいです。(TT)


なんだかんだで結構楽しみにしていたりします。


ところで、来年の冬に下の娘が免許を取るんですが、これに乗るんですよ。


友人は私を鬼畜と呼んでました。(^^)


私だって免許取り立ててで最初に乗ったの父親のグロリアのターボですからね。


大丈夫、大丈夫。


近況

先月の末日に誰にも気づかれずにサラッと一つ歳を加えました。


従姉妹でやってるデイサービスでドライバーをしている友人が言うには従姉妹達が私の誕生日は今日か昨日かと話題に挙げていたと言うので、どこかに気に止めていて呉れる人がいただけでもちょっと嬉しい今日この頃です。


さて、特に大きな話題もなく老人の月日は流れていくのですが。


近況を少し。


来年は車の交換ラッシュになります。


まずはリース切れになるオデッセイの次の車を選びました。


三菱アウトランダーPHEVですね。

走る発電機と言う車です。今の7人乗りから5人乗りなります。


オデッセイに比べて積載量は4割ほど落ちます。現在は40リッターのクーラーボックスを4つ積んで4人釣りに行けますが、こちらだと3つ積んで3人が限界です。


本当はデリカ(ワンボックス)のPHEVの発売を期待していたのですが、営業さん曰くまだ未定と言うことで諦めました。今のところ世の中で以下の仕組みで使用可能なPHEVはこの1車種しかないんですね。


アウトランダーは100V電源で1500Wまでの家電品などが使えます。震災などで停電した際にガソリンが満タンに入っていれば約10日間はこの電力を供給してくれます。当家の駐車場には最初からこの車を買う予定で電源周りの工事を済ませてあるので、停電時には自宅に電力を供給出来るようにしてあります。もちろん、太陽光5000Wもあるので、日中の天候によってはさらに電気が使えます。


これ意外にホンダで購入した蓄電池なども用意してあります。これは電気がないと不都合なトイレ用の電源設備です。


リース切れは来年4月ですのでまだ先の話ですが、車種によって納期が長いものがあるので一度ディーラーに行ってきました。1ヶ月あれば納車は可能と言うことですので商談は来年の2月頃にしましょうと約束してきました。


次にホンダのN-WGNとベンツSLK200を手放します。これは税理士の指示です。この2台は現金購入したので所謂資産になります。来期は間違いなく税務調査が入るのでつつかれるネタを減らす為にも余計な車は減らせと言うことです。


N-WGNは年明けに友人に買って貰うことが決まってます。渡す頃には2年目9000キロです。お友達価格で下取りより大幅に値引きしての譲渡になります。


SLK200は下取りです。


次に何を入れるかと言うと。


これです。


BMW-MINIの3ドアJohn Cooper Worksと言うスポーツモデルです。以下の写真はCooperSですが、塗装は同じものにする予定です。オレンジ。

ベンツのAMGやBMWのMシリーズと同じ位置づけのチューンドカーだそうです。


1.2トンの軽量ボディーに231Ph、2リッターツインターボエンジンを搭載したスポーツモデルです。排気音はブオーッパンパラパラと煩いんですけど・・・。


送迎に使用しているN-WGNの替わりなる小型ボディー(全長3.9m)であり、かつ私の趣味のドライブでもキビキビと走ってくれるハイパーモデルです。


見た目は可愛い車ですが、0-100K加速は6.1秒と以前乗っていたランエボXと
同等の加速をしてくれます。


これに再来年に免許を取得する下の娘を乗せようとしている鬼畜な父です。(^^)


この車は工場オプションの取り付けが英国の工場でやっているとかで納車に4ヶ月はかかると言うことなのでN-WGNの引き渡しに合わせるため来週の契約になります。


ちなみにこちらもリースにします。これで車両は全てリースになります。


それから・・・。


先週ですがMINIを見に行った帰りにそのまま湘南海岸まで足を伸ばして江ノ島へ向かいました。


久しぶりの江ノ島。平日の午後だと言うのにこの賑わい。土日だとどうなるでしょう。

なんか、鳥居をバックに彼女の写真を撮ったような構図になってますが、全く知らない女性です。(^^)


昔、こんな顔の女優さんが居たような気がするんですが・・・。


それからこんなものを発見。

うちの先生はしらす丼が好物なんですが、この写真を見せたら「いくら好きでもバイキングはないでしょ」と笑ってました。


まあ、食べる人は食べるんでしょうけどね。


もちろん、私は食べませんでしたよ。


私の昼ごはんは何故かこれ。

葉山で見つけた仙台牛タンの支店で牛タン定食をいただきました。


分厚い牛タンと牛すじの煮込みがとても美味しかったです。


自宅から40分くらいの処にある江ノ島なんですが、めったに行きません。


理由は道路が混むから。


さて、最後に桃です。

大きさは卓球の球よりちょっと大きいサイズです。


食べて見ると桃の味がします。


これ以上は大きくなりません。そう言う種類なんでしょうね。残念。


そうそう9/1に外房の大原に6名で釣りに行きました。始めて通し釣りと言う物にチャレンジしました。午前中はヒラメ釣り、午後からマダイ釣りと言う連続釣行です。


朝5時から夕方6時まで船に乗ってました。年寄りの冷や水状態。


釣果は2キロサイズのヒラメ4枚(船中トップ)と小ぶりなマハタ、午後のマダイは余力が無く0(釣り上げたけど海に落とした・・・)でした。翌日は筋肉痛と疲労感で全く使い物になりませんでした。同行した還暦メンバー2人も似たり寄ったりで、30代の3名はさすがそこまでボロボロではなかったようです。


始めて6名なんて大勢で釣りに行きましたがなかなか楽しかったですね。釣り倶楽部最大
の8名で行ったらさらに楽しいでしょうね。


まあ、これが近況と言うところでしょうか。


西の方、台風が来ています。できるだけ外出は控えて家で過ごしてくださいね。








アメリカって国はあんまり好きじゃ無い

昔からあの国はあんまり好きじゃない。


なにかって言うと圧力を掛けて我を通そうとする辺り。


知ってる範囲のアメリカ人は結構いい人も多いんだけど。(そんなにいないけど)


国益に関しては絶対に譲らないもんね。


なんて言うか、自己中なんですよね。


渡米歴は4回しかないけど、接触した人達はみんな親切だったような・・・。


まあ、そう言う場所に行ったからだろうけど、嫌な経験はありません。


安部さん、トランプさんに「真珠湾を忘れない」と言われたとか、「私も原爆を忘れない」くらい言い返して欲しかったな。


いつまでも戦後を引きずらないで、ロシアや中国ともバランス良く付き合って行くことを考えないと駄目じゃないかなぁ。


むしろ、アメリカ一辺倒な姿勢だから完全に舐められてるんだし、ロシアと関係強化しようとすれば焦るんじゃないかな。


まあ、ロシアも嫌いだけど・・・。


さっさと海からレアメタル掘って、メタンハイドレードでエネルギー確保してさ、アジア重視の外交に切り替えるべきだと思うな。


人口は遙かにあっちの方が多いし、今後経済が発展すればアメリカ以上のお客さんになるんだしね。


そんな事を思いました。


これは本当に桃なんだろうか

玄関前に昔から生えている桃?の木があります。


濃いピンクの花が咲きます。

そして、今はこんな実が付いてます。

直径5センチくらいです。これ以上は大きくなりません。


杏かなあとも思ったんですが、葉の形が違うし。


植物の知識が全くないので分かりません。


だいぶ身がボタボタと落ち始めてます。


どう言う種類の桃なんでしょうね。


ご存知の方がいたら教えてください。


お願いします。


追伸


試しに少し赤くなってるのを食べてみました。


赤いところは確かに桃の味がしました。緑のところは堅くて酸っぱい。


やっぱり桃の一種なんでしょうか。






野良猫侵入

今朝、なんとなく亀池を見るとなんか違和感が・・・。

池の右端に何か丸いクロっぽい塊があるんです。


よ~く見ると・・・黒トラ猫。


半年程前まで我が家の周りをウロウロしてアタル君とにらみ合いをしていた猫です。しばらく見ないなと思っていた子でした。通称「アタルのともだち」。


他にも白猫、黒猫、三毛猫の三匹がたま~に庭を歩きます。


以前より女房からネットに隙間があるよって指摘は受けてたんですが・・・。


まさか、そこから侵入するとは。


取りあえず野良には池から退場していただかなくてはならないので池まで行くことに。


私の接近に気づいた「アタルのともだち」はパニックに。


左に走って金網にゴツン、そして池にボチャン、右端で飛び上がるもネットに阻まれて落下、再び左に走り金網にゴツン、池ポチャ、ジャンプ・・・・5回はやったでしょうか。


最後は右側にネットが緩い処があってそこから見事脱出に成功。


最近、メダカを放しても数が減っていく、そして絶滅を繰り返していました。


2週間前にも十匹放したのに見当たりません。


まさか、猫がメダカを取るんでしょうか。


調べると猫はめったにメダカは襲わないとありましたが・・・。


もしかすると、子ガメの首がなくっていたのはこの野良の仕業なのかな。


早速、ネットを補強して入らないようにしました。


恐らく、メダカハンターはカメ太郎(成長して甲羅25センチ)だと思います。


そうそう、イシガメのカメ子さんは無事でした。三日ぶりに姿を確認しました。


あ~っ、びっくりした。