ぽこにゃん積水ハウスの里楽で平屋を建てる

2016年の7月に積水ハウスの里楽で平屋を建てました。
神奈川県のど真ん中に敷地130坪、延床43坪の家です。始めての庭造りや家庭菜園に悪戦苦闘しています。
趣味の釣りなど、遊びや日常のことも書いていきます。

水槽の水温上昇が危険域へ

今日の神奈川県中部の気温は33度に達しました。


気になって水槽の水温計を見ると・・・27度。


エビは28度を超えた辺りから生命の危機を迎えると言う情報もありかなり焦っています。


取りあえず、こんな時の為にと空冷ファンは購入してあったので早速設置してみました。

水中にサーモスタットを沈めて水温が25度になるとファンが停止すると言う製品です。


回っているファンの下に手を入れてみると外気よりは涼しい風が勢いよく水面に向かって吹いています。世には水自体を冷やして循環させるウオータークーラーなるものもありますが、取りあえずはこれで様子を見ます。


なぜウオータークーラーを最初から設置しないかと言うと、200W~300Wと相当な消費電力なのです。24時間点けていたら相当な電気代ですよね。


ちなみにこのファンは8Wです。なんとクーラーの1/25。


効果の程はまだ分かりません。


ウオータークーラーについては1万円くらいから3万くらいと幅があります。
1万円クラスに関しては効果は賛否両論です。
どんな製品であれ、こう言う評価記事を見ると必ず何人かは効果なしでがっかりしたと言う人を見かけますが、どういうことなんでしょうね。
使い方や設置条件をちゃんと守らない人なんでしょうか。ちなみに先に設置した水の浄化システムですが、これにも効果なしとクレームまがいの投稿をしている人がいます。
我が家の水槽での効果は期待以上で渓流の水のごとく澄んでいます。


なんの効果も無い製品を販売している悪徳業者もいるでしょうが、一応購入メーカーとしては名の通った会社の物を購入しています。まさか、詐欺まがいの製品を出すはずもないと思うのですが・・・。


さて、前回辺りで車を買うなんて書いてましたが、何店舗かに電話をしてみました。
以前から付き合いのある中古車ディーラーに電話したところ在庫はないので今週のオークションでいい物があれば連絡をくれるとのことでした。


当方、車両の償却年数としては残存2~3年程度の車両を探しています。つまり、2014~2015年のモデルです。うまくすると1~2回の決算で大きな額で償却できる可能性があるからです。


初年度の決算では経費率が40%に届かず、60%の利益に対して税金が掛けられました。日本企業の利益率が平均6%と言うことですから、いかに高い税金を支払ったかと言う話です。法人税と地方税を合わせて40%近い税率ですが、これでも個人事業主の45%+地方税10%よりは低いんです。
昨年は初年度と言うことで設立に関して諸々の備品購入など経費が発生したのですが、次年度となる今年はその予定も無く、今のところ確定している経費は役員報酬20%のみです。事業経費となるような購入品などもうありません。
接待交際費など皆無ですし、社員がいないので福利厚生費も使えません。
そうなると車でも買うかと言う話になるわけです。


もちろん、私への役員賞与と言う形で購入しても経費化が可能ですからそれでもOKなんですけど。
年に4~5回の釣り程度で殆ど家から出ない私は煙草銭くらいしかお金を使いません。
若い頃から酒も飲まず、賭け事も全くしない生活が身についているせいか、仕事をリタイアした途端に給料日に4万も下ろすと一ヶ月足りてしまいます。
日がな池や水槽を眺める生活ではボケ老人への道をまっしぐらと言う感じで危機感を持っている訳です。


できることと言えば取材費名目でボートレンタル費用くらいを捻出して友人達と楽しむくらいでしょうか。


車を買ったら今まで行かなかった出版関連地方主催イベントにも顔を出してみようと思います。一応、これも総務・営業としての仕事です。


70歳くらいで免許返納を予定しているのであと10年くらいは色んな処を車でのんびりと巡ってみたいですね。


















×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。