ぽこにゃん積水ハウスの里楽で平屋を建てる

2016年の7月に積水ハウスの里楽で平屋を建てました。
神奈川県のど真ん中に敷地130坪、延床43坪の家です。始めての庭造りや家庭菜園に悪戦苦闘しています。
趣味の釣りなど、遊びや日常のことも書いていきます。

おいおい 勘弁してくれ

どうやら雨が降ったようです。


女房を駅に迎えに行こうと玄関に出たら車が濡れています。


家の近くから駅までは割と細めの舗装路が続いてます。結構すれ違いに気を遣う道です。

街灯も少なくて夜はとても危ないです。この道を遣うと駅まで5分ほど。


家を出るとすぐにこの道に合流します。この道を走り出して間もなく、後方から凄いスピードで車がやって来ました。


パッシングされ、煽ってきます。


フロントの雰囲気から国産ではない大きめのSUVだと分かります。


おいおい。ここは危ないから飛ばすなよと独り言を言いながらいつも通りの速度で走ります。


狭い上に駐車もいたり、対向から飛ばしてくる車もいます。


後ろにピッタリと付けて煽り続けるSUV。


質の悪いのに後ろに付かれたかな?


途中で県道を渡って間もなく駅前です。SUVは県道を曲がると思いきや、同じ道に入り相変わらず後ろで煽っています。


その先に交差点があり、右折すると駅があります。


駅は陸橋の上にあるため前に車を駐めるスペースがありません。なので、駅手前のセブンイレブンの駐車場を送迎する人達は使います。


信号が変わるタイミングで交差点に進入した私は最後尾のランドクルーザーの後ろについて止まりました。駅手前にも信号があって、その信号のせいで車が詰まっています。


私が入りたいセブンイレブンの入り口をランクルが塞いだ形になっています。


すると、先ほどのSUVは私の右側をすり抜けて強引にランクルの前に車を割り込ませ、すぐにハザードを点けました。


左のドアが開いて人相の悪いオヤジが険悪な顔で降りてきました。


面倒臭いなあ。どんな因縁を付ける気なんだと身構えていると・・・。


人相の悪いオヤジは私の前のランクルの運転手に文句を言い始めました。


「当て逃げしたろ、当て逃げ!」


どうやらこのランクルを追いかけているところ、丁度その中間に私が入った感じだったようです。


ランクルから出てきた若いお兄さんと口論が始まりました。

交差点の中で車を止めての口論するなよなあ。最近の流行なのか?


車からセブンイレブンの駐車場で不機嫌そうにしている女房が見えます。


交差点の周辺はたちどころに大渋滞。


すると、少しは常識があるらしく、ここじゃ迷惑だからその先で話そうと二人はそれぞれの車に乗って駅の脇道に入って行きました。


それにしてもなんとも不思議でなりません。


少なくとも私があの道に入ったときには先行車は見えませんでした。


そして、県道を渡って駅までの細い道を走って居た時も居ませんでした。


SUVのドライバーはランクルのナンバーを覚えていたにしても、ランクルは途中の県道へ曲がったかも知れません。なのに私と一緒に駅までの道に入りました。それも地元の人でないとその道が駅に続いてるとは分からないような道です。


SUVのドライバーは何故にランクルがその細い道を行ったと確信したのでしょう。


もしかすると、当初は私に因縁を付けようとしたのに、無理矢理交差点に進入してランクルの前に割り込んだが、そのタイミングで先の信号が変わってランクルが動き出し、SUVに接触した・・・。


因縁の矛先が変わった?


???な出来事でした。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。