ぽこにゃん積水ハウスの里楽で平屋を建てる

2016年の7月に積水ハウスの里楽で平屋を建てました。
神奈川県のど真ん中に敷地130坪、延床43坪の家です。始めての庭造りや家庭菜園に悪戦苦闘しています。
趣味の釣りなど、遊びや日常のことも書いていきます。

北海道旅行3日目

3日目です。


フェリーの個室で爆睡していた私は「♪シルバーフェリー♪」と言う音楽で6:30に目覚めます。間もなく八戸港に到着です。


スマホもカメラも持たずに外に出たので船外の写真は撮れませんでした。


7時、船内アナウンスで車での乗船客は車に乗車して待機してくださいと言う。乗船時にはドライバーと同乗者は別々に乗船したのに、下船時は車に全員乗れと言う指示です。
まあ、乗船時は車がどんどん入って来て危険だからと言うのがあるのでしょう。


さて、待つこと30分、次々に車が下船していきます。

シルバーティアラ

兄弟船も停泊しています。この後出港するのでしょう。

この後、八戸自動車道から東北道と車を進めて仙台を目指します。


お目当ては昼ご飯の牛タンです。東北道を泉インターで降りて仙台市街に向かいます。
COOPの駐車場に車を止めてフラフラと歩きます。専門店がいくつかあるはずだからと当てもなく歩いているとありました。牛タン専門店。


そして注文したのが牛タンがレギュラーの倍乗った定食。

2年振りに食べた肉厚の牛タンは美味しかった。


その後、再び東北道に乗って南下します。Hさんが蔵王に行きたいと言うので行くことにしました。


お釜と呼ばれる火口(今は警戒レベルが下がってますが最近まで危なかった)

高山植物

頂上の社

Hさん、行きたいと言った割には寒いと言うのでさっさと戻りました。さむいですよね、だってまだ雪が残ってますから。

その後、麓にある母方の実家にて小休憩した後に帰路につきました。


18時に白石蔵王インターから東北道に乗り、川崎に22時半、自宅の綾瀬に23時半に帰り着きました。


今回の旅行の感想。


弾丸ツアーでしたが、途中でフェリーに乗ったのでそれほど疲れを感じる事は無く快適な旅行になりました。車もバケットシートのスポーツカーではなくワゴン車だったことも影響していると思います。
さて、北海道の印象ですが中でも書いていますが函館市内の道路が良く分かりませんでした。市電や分離帯の左右に対向二車線やそうじゃないのが混在していて見分けが付かなかったこと。また、天候に恵まれずに見たい物がちゃんと見られなかったこと。
ただし、北海道が広いと言う感じは幾らか感じられました。ほんの入り口に過ぎない函館だけで北海道を語ることは出来ませんね。いずれ、時間があれば他の場所にも行ってみたいと思いました。それにしても、海の幸が美味しかったです。


報告


ええと、先週から通っていた教習所ですが、全てスケジュール通りに進み、24日の日曜日に受けた卒業検定は殆ど減点無しでパスしました。そして、本日ですが目当てのバイクも注文出来ました。
YAMAHAのトリシティー125と言うスクーターです。

写真のように前輪が2つあるタイプで、大変安定した走りで好評を得ているようです。
ちなみに、人気のボディー色は白で、今注文しても9月納車と言う状態だそうです。今回、たまたまこのシアン色の一台が店頭在庫にあったのでこれをお願いしました。
すぐに調整整備して追加したロングスクリーンと後部にキャリアバッグを付けて7/5のスピード納車となります。


来週の週末にはその辺りを走っていることでしょう。(^^)


北海道旅行の記事を長々と読んでいただきありがとうございました。







×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。