ぽこにゃん積水ハウスの里楽で平屋を建てる

2016年の7月に積水ハウスの里楽で平屋を建てました。
神奈川県のど真ん中に敷地130坪、延床43坪の家です。始めての庭造りや家庭菜園に悪戦苦闘しています。
趣味の釣りなど、遊びや日常のことも書いていきます。

マリーナの安全レクチャー

今日は良い天気でしたね。風は少し強かったですけど。


と言う訳で本日は横浜にあるベイサイドマリーナで安全レクチャーを受講してきました。


写真はセンタークラブハウスです。

天気が良かったせいか家族連れが沢山来ていて水際で子供達がカニを取ったりと楽しんでいました。

このマリーナは三井のアウトレットと併設で、大勢の人達で賑わっていました。
特にスケッチをする人達が沢山いましたね。

家族連れでオープンカフェで食事をしたり、大きなクルーザーを眺めたりとのんびり過ごしていました。


さて、安全レクチャーとは何かと言いますと。
東京湾周辺には10を超えるマリーナがありますが、ヤマハシースタイルが提携しているマリーナにはそれぞれ数艇のレンタル艇があります。
会員はこのレンタル艇を借りることができるんですが、それぞれのマリーナのルールや周辺海域の規制などが異ります。
すなわち、マリーナ毎に必ず一度はこの安全レクチャーを受けないとレンタルすることができないと言う規則があります。


以下の写真が横浜ベイサイドマリーナでレンタルできる船のラインナップです。

13時にイーストハウスと言うオーナー施設に集合しました。
レクチャーの定員は4名です。これに1名の講師がつきます。
簡単な自己紹介と今日の講習の概略を聞きます。
しばらく雑談・・・。
皆さん、それほど操船歴はないようで、中には先月免許を取ったばかりと言う方もいました。クルージングを楽しみたい、釣りをやってみたいと、皆さんワクワク感が顔に出ていました。


いよいよ講習用ボートへ移動します。
今回はYF21と言う小型艇を使用します。
わお、キャビンないじゃん。
これは潮を被るなと覚悟しました。


思ったんですが、スズキやヤンマーに比べてヤマハのボートは横幅がありますね。


さて、出港準備です。
メインスイッチの入れ方、水洗トイレの使い方、イカリを巻き上げるウインドラスと言うウインチの使い方を教わります。


これは船の各部の説明を受けているところです。

桟橋から出港するんですが、沢山の船が係留されているマリーナの構内は行き交う船も多くて右側通行や優先順位など色々なルールがあります。

説明を聞きながら港をでて行きます。
ここから4名が交代で船を走らせます。


この日の海は風があるものの比較的に静かで、波も50センチ程度でした。
30代と思われるお二人は怖い物知らずと言いますか、23ノットとスロット全開で走ります。まあ、今日は波もないし平気でしょう。
ただ、大型船の引き波があると船が大きくバウンドします。ガッツンと来ます。
頸椎症の私にはダメージが大きいんですが・・・。


船は一端横浜ベイブリッジまで行くと今度は反転して横浜シーパラダイスへ。

皆さん、まだ海の怖さをご存じない訳です。
私と講師の二人でこれまでの恐怖体験を話してあげると顔を引きつらせていました。
そう簡単にプレジャーボートは転覆しないんですが、絶対にしない訳ではありません。
もちろん、楽しいことも一杯あるんですが、海では色々なことが起こるので対処方だけは知って置いた方がいい訳です。


講師の方が適当に説明するので、イカリのロープがスクリューに絡んだ時はどうする、イカリが岩礁に噛んでしまって外れないときはどうするなど突っ込んであげました。


波風が強くなったらどうするかと言う質問が出ましたが、こればかりは経験して体で覚えるしかないと思います。基本的に波に対する走り方とかはあるんですが、最悪なのは追い波の向かい風、これは神経がすり減ります。


最後に私が操船してマリーナに戻ります。
実はこの辺はホームグラウンドなので特に操船しなくても良くて、どちらかと言うと入港と燃料補給が私の課題でした。


港への入り方、構内の操船、そして給油所への接岸と燃料補給を体験します。

ここがマリーナの中にあるガソリンスタンドです。
軽油、レギュラー、ハイオクと各種取りそろえています。
車のガソリンより3割くらい高いかも知れません。

今回、往復で30キロほど走りましたが、レギュラーガソリンが23リッターほど入りました。車で言うと、燃費はリッター2キロ程度で、ものすごい高燃費です。
大型クルーザーだと丸一日走ってくると万札が二桁飛ぶ場合もあります。
まあ、そんなこと気にしない人達が所有してる訳ですが・・・。


16時、給油を終えて元の桟橋に戻りました。

去年は家を建てたりと忙しくてとうとうボートを出す機会がなくて一年ぶりの操船で緊張しましたが、楽しい時間を過ごすことができました。


これで船の予約が行えます。
早速帰宅して5/5の予約状況を確認すると9割の船が予約済みでした。


ガーン。


一番高い船しか残ってないじゃん。
手前のラクシアと言うフライデッキ付きの船です。
これ、ベイサイドマリーナで一番高い船です。GWの特別料金で一日借りて6万2千円と燃料費別です。

いずれ一度は乗ってみたいなあと思っていましたが、いきなりこれを借りることになるとは・・・。
他のフィッシングボートが3回乗れます。
いつも利用しているマリーナの船なら5回・・・。


ハイオクのエンジンを2機も付けていて、どんだけガソリンを食うんだか・・・。
燃料費込みで7~8万は覚悟しないといけません。(TT)


まあ、一度くらいは乗ってみてもいいかなあと言うことで予約しました。
と言うか、他に選択肢がありませんでしたし。
キャビンの中はエアコンも効いてるし、中のソファーで昼寝もできますからね。

操船はフライブリッジと言う屋根の上。


楽しみではあります。


ただし、最近の巡り合わせでどこか行こうとすると天候が悪くて中止になっています。
果たして、5/5は好天に恵まれるでしょうか。


今回は横須賀の猿島と観音崎の間辺りに行こうと思ってます。
25ノット程度で吹っ飛ばして(この船は馬力があるので文字通り飛びます)いけば30分かからずに到着できそうです。


本来がクルーザーでフィッシングボートではないですが、4人くらいでもなんとか釣りは
できそうです。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。