ぽこにゃん積水ハウスの里楽で平屋を建てる

2016年の7月に積水ハウスの里楽で平屋を建てました。
神奈川県のど真ん中に敷地130坪、延床43坪の家です。始めての庭造りや家庭菜園に悪戦苦闘しています。
趣味の釣りなど、遊びや日常のことも書いていきます。

新しい猫トイレ

我が家では横着にも猫のご飯とトイレは自動化しています。


自動給餌器はRINNと言う国産メーカーPETLYと言う機種です。これまでメイドインチャイナを使っていましたが1年程で壊れるので4代目についに少々高額でしたが国内生産の製品にしました。

保証もアフターもしっかりしていて詳細なマニュアルも付いてます。
これで朝と夕方にご飯がでます。時間が近くなると猫達はこの近くに待機しています。


そしてトイレですが、これはメイドインUSAです。


こちらは旧タイプです。入り口の踏み台にセンサーがあって猫が踏むと7分後に回転して固まった砂やウ○チだけを下のバケットとに落としてくれます。

気に入って使っていたのですが、入り口の踏み台センサーの具合が悪くなって猫が踏んだくらいでは反応しなくなってしまいました。


修理に出そうか悩んで居ると長女が「新しいの買えば」と言ってくれたので買うことにしました。6万ちょいするので買い換えに慎重でしたが、まあいいかと言うことで・・。


で、新しいのがこれ。LitterRobotの新製品です。もちろんこれもメイドインUSAです。アメリカ人てこう言うの好きですよね。(私も・・・)




なんだか宇宙船の脱出ポッドみたいですよね。旧タイプに比べて色々と改良が加えられた新商品です。今度の製品は踏み台にセンサーは無くて中にあるそうです。入り口も広くなって出入りが楽そうです。それにバケットが一杯になると教えてくれる機能が追加され、さらには夜間に猫が入ると照明も点くんです。


新しくするとすぐには入らないかなと心配してると説明書を読んでいる私の横をアタル君が通り過ぎてさっさと用を足して出て行きました。う~ん、チャレンジャーと言うか無頓着と言うか。


「使い心地はいかが?」とアタルに聞くとフワッと答えました(アメショってニャーンとはあまり鳴かず、フワッとかウワッみたいな鳴き方をします)。
「まあまあだね」と答えたのかも知れません。(笑)


なんか、格好いいかも。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。