ぽこにゃん積水ハウスの里楽で平屋を建てる

2016年の7月に積水ハウスの里楽で平屋を建てました。
神奈川県のど真ん中に敷地130坪、延床43坪の家です。始めての庭造りや家庭菜園に悪戦苦闘しています。
趣味の釣りなど、遊びや日常のことも書いていきます。

山梨へ

山梨県芸術の森公園にある山梨県立文学館で開催されている「作家のデビュー展」の招待状を譲り受けたので代理で行ってきました。


山梨県芸術の森公園は甲府昭和インターからさほど離れていないところにあります。


山梨県芸術の森公園内には県立美術館と県立文学館があります。


こちらは美術館。ミレー展をやってました。

そしてこちらが文学館。

これがお目当ての展示。

山梨は樋口一葉、芥川龍之介、太宰治などのデビュー時代に関わりがあるとか。

中はとても立派でした。中の案内係の女性達はまるで一流企業の受付嬢みたいな感じでした。


さして文学趣味がある訳ではなくて、別の目的があって行きました。


漫画「文豪ストレイドッグス」のコラボ展示があったからです。

今回、新しく書き下ろした作品も展示。

事務局の方に招待状が回ったらしく、学芸員の方が慌てて飛んできました。
本当は撮影禁止なんですが、特別に許可を貰って撮影できました。

この漫画のお陰で若い人達の入場者が増えたことと、若い人が文学に関心を持ってくれることがとても嬉しいとか・・・。


各地の文学館で同じような催しが頻繁に開催されています。直近では中原中也記念館、国木田独歩記念館で開かれます。どちらも九州なのでいけませんが・・・。


今回は芥川龍之介や樋口一葉の手書き原稿などを見ることが出来ました。


ちなみに私、高校の文化祭で「本が出来るまで」と言う展示をしたのですが、その際に色々な出版社に協力を依頼して、小松左京さんの「日本沈没」の生原稿、漫画「まことちゃん」の原稿をお借りして展示したことがあります。


宣伝になりますがコミック「文豪ストレイドッグス」は現在発行部数500万部、テレビアニメ化を経て、年末に舞台化、来春には劇場版が全国ロードショーになります。


ついでに何枚か写真を撮ったので掲載します。


アッポー

噴水

わかりません

人体を4つの部分に分けたものだそうです

これはゴッホ像

珍しく天気が良かったです。(帰宅時には自宅近くで豪雨でしたが)


山梨県芸術の森公園を後にしたのち、甲府の武田神社(躑躅ケ崎館跡)に参拝して山中湖に移動、昼食にほうとうを食べ、紅富士の湯で温泉に浸かって25キロの東名渋滞の中を帰って参りました。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。