ぽこにゃん積水ハウスの里楽で平屋を建てる

2016年の7月に積水ハウスの里楽で平屋を建てました。
神奈川県のど真ん中に敷地130坪、延床43坪の家です。始めての庭造りや家庭菜園に悪戦苦闘しています。
趣味の釣りなど、遊びや日常のことも書いていきます。

車を受取に行きました

今回3台目となるメルセデスのSLK200を受取に行きました。


場所は東京の多摩センターに近いところです。


4年振りに電車に乗りました。


リタイアする3年前までスクーターで通っていたので電車通勤をしていませんでした。
それこそ、雪が降ろうが台風がきてようがスクーターで通ってました。
あんまり酷い時はこっそり車で行ってましたし。


だもんで、小田急海老名駅に到着して切符売り場でオロオロしてました。
結局はSUICAにチャージして無事に改札を通過。


急行新宿行きに乗って中島みゆきなんぞを聞きながら流れる景色なんぞをみていたんですが、ふとあることに気づきました。


あれ・・・急行って鶴川に止まるのか?


思わず横にいたおばさんに聞いちゃいました。


「すいません。この電車は鶴川に止まりますか?」


いきなり髭親父に声を掛けられて怪訝そうな顔をするおばさん。


「えっ」


おばさん、事情を察したのかドア上の停車駅を掲示を見上げる。
そうか、それ見りゃよかったんだと、私も見上げる。


おばさんはいつも鶴川の2つ手前の町田までしか行かないのでご存じないとのこと。


まあ、路線図を見ると鶴川は各駅しか止まらないことが判明したので、次の町田で乗り換えることにしました。


「ありがとうございます」


礼を言うと、さっきまで引きつっていたおばさんの顔には笑顔が。


と言うことで町田で各駅に乗り換えてなんとか最寄り駅の鶴川へ。


そこからタクシーに乗ってディーラーに向かいました。


説明書とキーを受取、簡単な操作説明を受けてディーラーを後にしました。


それにしても、鼻が長い・・・。ちょっと神経を使いますね。それに、車高も低いので道路の段差も気をつけないと。


取りあえずゆっくりと慎重に運転して川崎の友人宅へ向かいました。


しばらく友人とファミレスでお茶をして色々な話をした帰り、曇ってきたから屋根を開けてみることに、カーナビの使い方が分からないとコンビニに車を止めて取説を覗き込む二人。そのうちポツポツと雨が・・・。


屋根全開はたったの数分で終了。


その後、嫁さんに頼まれた荷物を取りに横浜の旧宅に向かう途中から雨脚が急に強くなりとうとう豪雨になってしまいました。家の前に車を止めたのはよいのですが、あまりの雨にドアを開ける気になれず、中で取説を読むこと30分。少しは弱くなるかと思いきや全く変わらず。


意を決して豪雨のなか5メートルもない玄関に猛ダッシュ。


服がビショビショになりました。


指定された荷物を見つけて1時間ほど自宅にいましたが雨は相変わらず。


またまた意を決して車に乗り込みます。


再びビショビショ。


横浜と川崎に大雨注意報が発令されているとか。


新居の方は曇りだと言うことで東名高速を西へ向かいましたが止む気配はなし。


今日は近くの公園で盆踊りがあるから次女が行くと聞いていたのですが・・・。


小雨の中、やっとのことで自宅に到着しました。

3台並んだ車。結局のところ、私一人で3台乗ってるようなものなんでけどね。


東名高速でレーダーナビを使ってみました。


感動ものですねぇ。前の車と車間距離をキープしながら走ってくれるんです。


これ、高速を長距離走る時にはとってもありがたい機能です。あんまり期待していなかっただけに感動も大きかったです。使いまくったろ。


本当はそのまま箱根まで足を伸ばそうと思っていたんですが、雨の中は危ないからと止めました。


明日は日曜で混むし、月曜は長女を送っていかないと行けないし、火曜はタイヤ交換だし水曜日かなぁ。箱根ターンパイクでタイヤの慣らしでもしましょう。







×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。