ぽこにゃん積水ハウスの里楽で平屋を建てる

2016年の7月に積水ハウスの里楽で平屋を建てました。
神奈川県のど真ん中に敷地130坪、延床43坪の家です。始めての庭造りや家庭菜園に悪戦苦闘しています。
趣味の釣りなど、遊びや日常のことも書いていきます。

間取りの参考に中古住宅の見学もあり

間取りを考えるのにサイトの中古住宅の間取りなどを参考にしました。

面白そうだと思うと連絡を取って実際に見に行ったりもしました。

実は、土地の売買で少し揉めている時期があって、程度のいい中古住宅も悪くないなんて思ったこともあるんです。


その中での逸話を一つ紹介します。


見学したのは横浜の三沢競技場の近く、地名は軽井沢(笑)です。結構な高台です。景色は最高で、南にみなとみらいや東京湾が一望できました。周辺は大きなお屋敷みたいな家ばかり。完全な住宅地でコンビニとかは全くありません。まさに閑静に住宅地。


価格は約8000万(税込)。築17年でセキスイハイム施工の注文住宅。

敷地の面積は780平米、約236坪。建坪率50,容積率100でした。


門を入ると車が8台駐められる駐車スペース。そして、良く手入れされた40坪の日本庭園並の庭。その先に延床220平米の二階建ての建物、裏庭が30坪・・・。


私の反応は「なんじゃこの家は」でした。


間取りは7LDK、二階に20畳の第二リビングがあって、そこに同じ広さの20畳のバルコニーが。ここから横浜港祭りの花火がよく見えるとか。


一階のLDKはなんと30畳。アイランドキッチンと明るい無垢材のフローリングが眩しい空間でした。南に面した全長8メートル近い掃き出し窓は圧巻でしたね。ここからも余裕で横浜の市街が見下ろせます。ここにも結構大きなバルコニーが付いていて、きれいな庭が見下ろせます。でかい岩を配した池があって、滝まで付いてました。(笑)


なんか、元の住人は政治家だったとか・・・。儲かるだねぇ、政治家ってと思いました。


完全リホームされた外も内もどこもピカピカ、設備はほとんど新品に入れ替えてありました。


ある意味安いのかも知れない。


リハウスの営業さんとの会話。

「ここに来るたびにため息が出ますねぇ」

「買えるよ。頑張って買いなさいよ」

「またまた。ご冗談を、へへへっ」

「親が持ち家なら売っちゃって、両親呼べばいいんじゃない」

「宝くじでも当たったら考えます」


うちの土地と建物の総予算に近かったのでちょっと心が動きましたが、そこはグツとこらえてゆっくりと見学させてもらいました。

だって、換気システムも古いし、この時代は全館空調も付いてなかったし。


五人家族で住んでいたそうですが、広すぎじゃねぇかと思いました。自分で掃除していたのかは不明ですが、私は掃除したくねーって思いましたね。


主寝室は12畳、シャワールーム付き。6畳近いWICが付いてました。すごい書斎にその他の部屋もすべて8畳くらいの広さがありました。


こう言うの豪邸と言うんでしょうね。まあ、上には上があるんでしょうけど。


どんだけ固定資産税払うんだか。


結局、あんまり参考になりませんでした。


あんまりすごいので見に行きましたが、自分が建てようとするプランに近い家を見ないと意味がないですね。


そんでも、目の保養にはなりましたが。




こだわりの無い家

私の友人にビールはキリン以外飲まないと言う友人が居ます。それは徹底したもので、キリンを置いていない店には二度と行きません。また、車はトヨタと決めている友人もいます。


こだわりなんでしょうね。


私はと言うとこだわりはありません。


あるかなぁ・・・。


服なんて靴下や下着、ズボンもシャツも全部ユニクロです。


あっ。これってこだわりではありません。一カ所でいっぺんに買ってるだけです。


釣り具だって、SHIMANOとDAIWAがごちゃ混ぜだし。車だって、今まで20台以上乗り継いでるけどメーカーバラバラだし。酒も飲まないし。音楽だってジャズ以外は音楽じゃね~なんて言わないし・・・。


これは家についても言えるんでしょうね。


設備について、みなさん色々なメーカーの製品知識が豊富ですよね。キッチンはどこがいいとか、照明はここがいいとか。


私は今のところ、提案頂いている標準品?で行こうと思っています。
たぶん、今の提案設備より価格が下がらないかぎり変更はしないでしょう。
キッチンについてはIHで食洗機付きで、収納がたくさんついてるやつ以外に要求していません。
女房もそんな感じで、自動の蛇口みたいのがあるみたいよと言うと、不要の一言でした。
まあ、今の建売に比べれば全て良くなるだろうし、基本性能を満たしていれば不自由なく暮らせると思っているようです。


汚れ難いとか掃除し易いなどの希望はありますが、これはこだわりじゃないですよね。


今週末からインテリアの打ち合わせが始まります。
コーディネーターの方に始めて会うんですが、カタログを広げて高そうなものを奨めるんでしょうかね。なんか、怖いなあ。


強いてこだわってると言えば、家自体の造りでしょうかね。


そう言えば、積水の営業さんから矢継ぎ早に電話が入りました。
私のスケジュールを押えたいのだそうです。


司法書士との打ち合わせ、解体工事の監督と現地視察、銀行との打ち合わせなどなど、どんどん来年の予定が埋まっていきます。


そりゃあそうでしょう。
現時点で決まっているのは解体工事の開始日と地鎮祭の日程だけですから。(笑)



基礎が崩れて揺れる家

家を建てる上で基礎は大事ですよね。
他メーカーでベタ基礎が多い中、積水ハウスは布基礎を採用しています。
布基礎とベタ基礎、優劣は別にしてその土地に合った方式を採用するべきです。
普通、布基礎はフーチング、立ち上がり、防水コンクリートの3回に分けて打設するところ、積水ハウスはフーチングと立ち上がりを一度にやってしまうので、2回で済ませています。
打設回数は少ない方が良いとか。ベタ基礎を採用するケースが多いのは回数が2回で済むので工事原価を抑えられると言うメーカーの目論見があると聞きます。


最近の家は大体どちらかの方式の基礎で建てられているのですが、古い家は石の上に塚を立ててその上に大引きを敷いて建てています。古いお寺などを見ると、石の上に柱が立っているのがありますよね。後は史跡とかに塚石だけが残っているものとか。


今年の夏に古い友人を訪ねて行った時の話です。
友人の家は築50年近い建物です。見た目は結構モダンな家なんですが、どうも基礎が布でもベタでもなかったようです。


随分と昔の話になるそうですが、大雨が降って家の角の地面が崩れてしまい、基礎である塚石も流れてしまったのだそうです。
つまり、家の角の基礎が浮いている状態と言う事です。
その浮いている基礎の上には廊下と10畳の和室があるんですが、廊下の辺りを歩くだけで10畳がまるで地震のように揺れます。
なんと、飛び跳ねると震度3程度の揺れを感じます。
友人は現在一人暮らしで、補修する金がもったいないとそのままにしてあります。
地震とかきたらヤバイから直した方がいいよと言うのですが、そのうちねと笑っていました。


現在の基礎であれば、このようなことは起こりづらいとは思いますが、大地震で発生する液状化のような広範囲の沈下なども考慮したいものです。
もちろん、まともなメーカーであれば地盤改良などによって補強はするのですが、最も良い方法は土地を入手する際に購入予定の土地がかつて沼地や水田ではなかったところを選ぶことです。


地震や災害に強い家を選ぶ前に、地震に強い土地、土砂災害や水害が起きそうにない土地をを選びたいですね。まあ、そう言う土地は安く手に入るんでしょうが、何か起きた時にせっかく建てた家も駄目になってしまうかも知れません。


余談ですが、3.11の東日本大震災の翌年に奥松島を訪れることがありました。私の父の実家が宮城県の大崎市で地震見舞いに行った時のことです。

基礎はしっかりしていたんでしょうね。津波にも流されずに家の殆どは残っていました。ただし、殆どの家は一階の部分がガランとしていました。波に浚われたんですね。
かと言って2階に住めるわけもなく、この地域は誰一人として歩く人はいませんでした。
もちろん、平屋は全滅です。


地震や台風を始めとして海に近ければ津波が心配、山が近ければ土砂崩れが心配、そして川が近ければ堤防の決壊が心配と災害にはことかかない国土が日本です。


家造りには想像力が大切です。家そのものに興味が行きやすいですが、土地そのものの災害対策も検討したいですね。




精一杯の挑戦

昨日の寒風吹きすさぶ釣りの所為で風邪をひいたのか少し頭痛と寒気がします。
とは言え、せっかくのヒラメの鮮度が落ちてはと捌くことにしました。

まな板の上の鯉ならぬヒラメです。60センチ、1.9キロでした。
ヒラメは5枚おろしにするんですが、今回は二匹とも大きかったので大きな切り身が8つも取れました。切り身二つは刺身に、残り6つはタッパに昆布と交互に重ねて昆布締めにしました。2~3日したものは昆布の味が浸みて大変美味になります。
今回の昆布締めは以前から予約の入っていた従兄弟にプレゼントします。
この従兄弟、以前にも同じ物を上げたんですが、あまりの旨さに家族で奪い合うように食べたとか。半年前から次はいつヒラメを釣りにいくのかと催促されていました。


さて、本題に入ります。


屋根を切妻にしたことで割とボテっとした外観になってしまった我が家です。特に北側はなんの変哲もない見栄えです。まるで漁港にある魚の加工場みたいな姿。
変化を付けようとすると壁が増えたり屋根が複雑になってコストが嵩むので諦めています。
そこで、外構でなんとかいい味を出したいと無い頭を絞っています。
公道から通路を通って敷地に入ると右手に見える長い玄関までのアプローチを考えました。

中央に自然石の石畳みを付けて、その周囲にサツキやあじさいなんかを植え、シンボルツリーを植える。シンボルツリーは桜にしたいんですが、虫が付くと不評です。
でも、春に綺麗な花が咲くのを自宅で見たいんですよねぇ。
これって、駐車スペースの土間コンを少しでも減らそうとする作戦です。135平米の全てに土間コンを打つと結構掛かるみたいなので、これで20平米は削れます。


そうそう屋根の軒ですが、85センチにしました。カーポートで車を降りたら軒の下を歩けば雨に濡れずに玄関までいけますから。南風の雨には効果がありますが、北が吹くと濡れます。(涙)


間取りや外構の殆どは私が書いた図面やパースを元に積水の設計士さんが清書しているような状況です。設計費を値引きさせようかなと本気で思ってます。(笑)


着工まで40日を切りました。間取りの打ち合わせがまだ終わってません。どうするんでしょうか。



ロフトから小屋裏部屋へ

アニメ。クレヨンしんちゃんの劇場判「戦国大合戦」の続きをやっと見終わりました。
戦国時代マニアの私から見ても非常に良く調べて描かれていると思います。
特に投石。実際に、戦闘の始まりに石の投げ合いをしていたそうです。それに、武将達の鎧も当世具足と南北朝時代の具足が混在してましたね。
おふざけ漫画としてのイメージが強いですが、このシリーズだけは名作だと思います。


さて、以下の絵は釣りでよく利用させていただいている船宿さんの船を書いたものです。この絵をプレゼントしたところ、嬉しいことにリビングに飾ってくれています。


さて。
当初、平屋で間取りを設計して設計士さんに提示した際にLDの勾配天井を提案されました。あらわし梁などを提案されてすっかりその気になりました。(笑)
私の使ってるツールでは勾配天井やあらわし梁が表現できなくてどんなイメージになるんだろうと画像を検索しているうちに目に止まった画像がありました。画像拝借。

おや。屋根裏になにやら手摺りが・・・。
これって、ものすごくお洒落じゃないか~って思っちゃった訳です。


早速、設計士さんにご相談。
「できますよ」
と軽い返事。
早速リビングに接した南の和室とテラスの屋根裏を利用した小屋裏で提案してくれました。
最初は和室に可動式の梯子を付けるものでした。いわゆる小屋裏倉庫ですね。天井の高さは1.4メートルで照明は付けられるけど、飽くまで倉庫扱いなのでそれ以外は駄目とのこと。


むむむ。イメージと違う。


積水ハウスの里楽プラスワンと言うプランにちゃんと部屋になってる小屋裏の写真があったので、こんな風にしたいと言うと。
「できますよ」
と、またまた軽い返事。
つまり、1.4メートル制限を外すと2階扱いになるけど、それでも良いかと言う話。それに屋根の勾配も4寸勾配から5寸勾配にするとか・・・。
2階部屋であれば、ちゃんと階段を付けないと駄目と言うことでリビングに階段を付けて
小屋裏に入れるようにしました。
2階部屋と言うことであれば、なんでも付けられるそうです。窓も、テレビやネット用の情報コンセントも大丈夫。


そしてこんな風になるのです。画像は勾配天井でもないし、あらわし梁もないですが。

階段設置のためお洒落なテレビ家具は取りやめです。
完成すればテレビの左、和室の上に手摺りが付いてリビングから繋がる小屋裏二階の天井が見える筈です。階段の昇り口は1.4メートルと天井が低いので茶室に入るように頭を低くして入りますが、もっとも高いところで1.7メートルの高さがあるそうです。広さは和室と同じで約8畳です。そして、この部屋からテラスの上に作る約4.5畳の納戸に入れます。
2階に窓が出来るので、夜間にも庭が見下ろせます。もし、侵入者があればここから矢玉をくらわしてやります。(笑)


これを作るためにせっかく間取りを工夫して工事費を削減したのに元の木阿弥になりました。でも、なんだかやっと楽しい家になりそうで楽しみです。