ぽこにゃん積水ハウスの里楽で平屋を建てる

2016年の7月に積水ハウスの里楽で平屋を建てました。
神奈川県のど真ん中に敷地130坪、延床43坪の家です。始めての庭造りや家庭菜園に悪戦苦闘しています。
趣味の釣りなど、遊びや日常のことも書いていきます。

ドローンのテスト

今日は午後から新しいドローンのテスト飛行に友達と二人で行ってきました。

ちょっと風が強くて心配でしたが、高い建物と木々に囲まれた公園なのでなんとかなるかなと思って出掛けました。

公園には仕事もしないでフラフラしているオヤジが二人。

案の定、上空は風が強く吹いていますが、下の方はそんなでもないと言うことで早速準備に取りかかります。


なんたって、電源を入れるのは今日が始めて、ipadの操作画面も使うのが始めて。


ドローン本体から出ているwifiを掴まえて設定完了。

まずはマニュアル操作で開始。


ipad画面のTAKE OFFボタンをタッチ!


おおおっ。浮き上がって80センチほどの高さでホバリング。

上昇限界高度や速度、傾斜角まで設定ができます。


とりあえず、前後左右に動かして喜んでいるオヤジ二人。


これが前方のHDカメラから撮った静止画です。

まあ、まだ練習が必要ですが、前回のヘリよりは楽に操縦ができます。


このあと、GPSフライトレコーダーを装着してのテスト飛行です。

GPSモードにするとipad画面に日本列島の航空写真が現れます。

どんどん拡大していくと、なんと今我々がいる公園が・・・。


そこにはドローンの絵が表示されています。


操作は簡単、現在位置から飛ばしたい位置に画面上のドローンを指で移動させてipadのGOをタッチするだけ。


おおおおっ。勝手に飛んで行って指定した位置でホバリングしています。

戻す時はHOMEをタッチ、少しずれては居ますが帰ってきました。


なんと賢い子だ。


ドローンからの映像。妖しいオヤジガこっちを見てる・・・。

ただ、残念なのは前方カメラはHDなんですが、下方カメラはあんまり解像度が高くありません。

これをなんとかしたいので頭を捻っています。

本体が発泡スチロールなので、カメラ部分を切ってマジックテープを付けて、前と下を向くようにしようかなど思案中です。


基礎工事開始の三月中旬までに改造せねば。



解体作業1

解体工事開始から6日が経ちました。

叔父の家に用事があったのでついでに現場に立ち寄ってみました。

通りから敷地への通路に入ると大型トラックが止まっていたので車を手前に止めて徒歩で現場に入りました。

このトラックは廃材を積み込むコンテナを牽引してきたみたいです。


庭の方に回ると作業員の方が一人黙々と植木を引き抜いていました。

「お世話になります~」

と声を掛けると一瞬ビックリしたような顔をしましたが、施主かと思ったのかニッコリと笑ってくれました。

古屋は外見は残ってますが、中は殆ど壊されていて、後は重機でバキバキってやるだけみたいになってました。


その後、少し敷地をウロウロして、隣にある大きな月極駐車場から写真を一枚。

敷地は駐車場から1メートルくらい上がっています。ここに2メートルのフェンスを付けるので殆ど我が家は見えなくなりますね。

あと一週間もすると真ん中の柚の木も、古屋もその他の木々も無くなってしまいます。

更地になったらどのくらいあるのかまだピンときませんが、地鎮祭まであと2週間になりました。


帰り際に「よろしくお願いしますね」と声を掛けると、「すいません」と言う返事。


いや。別に謝らなくても・・・。


今日も元気にスーパーな蜂がゴーッと空を駆け抜けていきます。

待ちゆく人達は何事もないと言う顔で普通に歩いていました。

みんな耳栓でもしてるのかなぁ・・・。


明日は新しいドローンのテスト飛行をやってきます。




ドアクローザー

今回の新築にあたって前からこれは絶対に付けると心に決めていた物があります。


それはこれ。


そうです。ドアクローザーです。

意外に個人の住宅には付けない方が多いようですが、私は必要だと思います。


何故なら、築20年の現在の我が家。

子供達の部屋と子供達しか使わない2階のトイレのドアは傷みが酷いからです。

いくら言ってもバタンと勢いよく締めるもので、幅木は外れるは板の表面の木目のシールは剥がれるは・・・。

恐らく、ドア周辺の壁にも影響が出ていると思います。


まして、換気システムを導入されている家ではドア下に隙間があるので空気抵抗がないから勢いよくしまります。


ドアを長持ちさせたいなら是非お付けあそばせ。





ぶんぶんぶん 蜂が飛ぶ F18

先日、新築現場にラジコンヘリを持って行った時、蜂が飛んでました。

北朝鮮のミサイル騒ぎもあって、ここ数日活発です。

ここ横浜の港北でも一日中なにがしかの爆音が聞こえます。


そして、蜂と言っても本物の蜂ではなくてこれ。


米海軍の空母艦載機F18スーパーホーネットです。


滞在1時間の間に3機くらいが上空を通過しました。

機体が見えて数秒後に音が付いてくるって感じですね。

凄い音です。

ただ、人間て不思議なもので、何を五月蠅く感じるかは人によって違いますよね。

私の場合、ヘビメタの大音量の方が戦闘機の爆音より五月蠅く感じます。

そして、最もイラっと来るのが暴走族のエンジンを空ぶかしするやつ。


ただし、モータースポーツ大好きな私はF1の爆音は大好きです。


地元の方は会話中に爆音がしても気にしない様子で普通に話しています。

昔と違って夜間訓練もしなくなったし、休日は殆ど飛ばないそうなのでそれで良しとしているんでしょうか。


今回、防音にそれなりに費用を掛けているので効果は期待できるそうですが、住んでみないと分からないのが正直なところです。私は子供の頃に鉄工所の隣に住んでいたので騒音に対する免疫がありますが、家族はどうでしょうか。


これも飛びます。海自のP3C対潜哨戒機。

これはブーンだから大して気になりません。

これも飛びます。F18Gグラウラー電子偵察機。


宮城の従兄弟が戦闘機ファンで、毎日戦闘機が見られて羨ましいと言ってました。

羨ましがられても・・・。(笑)

家が建ったら厚木飛行場見学を兼ねて上京するとか・・・。


飛ぶと言っても毎日ではなく、飛んでも数機ですから。通過に数十秒。

それに比べて民間空港は数分おきにひっきりなしに離着陸している訳で、あの周辺に住まわれている方々の方が大変だと思います。


空母が横須賀に寄港していなければいない訳ですし。

飛ばない日は長閑なもんです。

私が引っ越す2017年にこの空母艦載機部隊は岩国基地に移動すると言う話ですが、お気の毒だと思います。


基地問題と言えば沖縄県と思われがちですが、神奈川県も相当な数の米軍基地や施設があるんですよ。厚木基地周辺には150万世帯の人が暮らしています。人口密度比から言えばトップクラスなんじゃないでしょうか。

私のように好んで引っ越す馬鹿もいますが。(笑)




我が家の住人達

我が家には猫を始め、いくつか生き物が暮らし居てます。

今日はそのご紹介。


クサガメ カメ太とカメ子(安直なネーミング)

良く慣れていて、人の手からエサを貰うこともします。寄るとダンスしてくれます。日頃は浮島で甲羅干しをしています。

新居では新しく池を作ってそちらにお引っ越しです。深池と甲羅干し池、そして冬眠漕を作ります。増えたらどうしよう・・・・。


アフリカツメガエル

2匹居ます。連れて来たときはどちらも2センチくらい大きさだったのに、性別の違いなのか、片方は10センチを超え、片方は5センチありません。

最大で20センチにまでなるそうで、平たい体系は魚のコチみたいな感じです。

アフリカツメガエルはいつもは両手をこうやって広げていますが、エサを食べるときはこの手を顔の前で激しく振り回します。この仕草が凄くコミカルで可愛いです。

後ろにいるのはアルビノドジョウですが、先月3年目にしてお亡くなりになりました。

かつて、この水槽には6匹のイモリがいましたが全て脱走して、皆さん漢方薬の材料みたいに干からびて発見されています。(合掌)

イモリはいくら隙間を埋めてもいつの間にか逃走してしまいます。


カメもカエルも触ったら必ず石けんで手を洗いましょう。雑菌や微毒があります。


そして、うちのしのぶさん。

この子は通り名がいくつもあって。

モニャ、またはモナさんです。

そして、もうひとつはウラジミール・プーチンです。

この顔と高いところから偉そうに見下ろす姿からそう呼ばれています。

こっちの方が似てるかな。

どうです?

偉そうでしょ。


ダスビダーニャ!!