ぽこにゃん積水ハウスの里楽で平屋を建てる

2016年の7月に積水ハウスの里楽で平屋を建てました。
神奈川県のど真ん中に敷地130坪、延床43坪の家です。始めての庭造りや家庭菜園に悪戦苦闘しています。
趣味の釣りなど、遊びや日常のことも書いていきます。

解体作業2

今日は天気が良いので屋根を開けて現場視察に行ってきました。

信号待ちなどで止まると暑いくらいでしたね。

それにしても、どこもかしこも渋滞でちょっとイライラしました。

隣の車線の車の中から子供にガン見されるし。(笑)

「パパ。この車、屋根がないよ~っ」

なんて言ってるんでしょうね。


「貧乏だから屋根が買えなかったんだよ~っ」

と答えてあげればよかったかな。


さて、現場に到着するとまたまたトラックが止まってました。

そして、家の横にはユンボが一台。

でも、古屋はまだ健在でした。建具は全て外されて中はこの通り。

間もなく解体ですかね。

それにしても、開始から10日にもなるのにのんびりしてますね。て言うか、今日で現場を訪れたのは3回目ですが、作業してるのはいつも一人だけでした。


メキメキ、バキバキを期待して行ったのに・・・。

まあ、地鎮祭まで10日ありますからね、うちは構わないけど伸びると人件費が増えないのかしら。


次は18日頃に行ってみようと思います。


帰りに周辺を少しうろうろしてみました。

量販店なんかも点々とあって、車で生活している分には不便はないですね。

コンビニも2件、徒歩5分くらいのところにありますし、駅も徒歩12分らしいです。

ちょっと南に行くともう藤沢市で、江の島まで15キロくらいらしいです。

そのうち湘南の海でも行ってみようと思います。

もちろん、平日に。(笑)

長女の好物の釜揚げシラスを買いにいきます。


あ~っ。目がかゆい!!!


最後の仕様確認

昨日は自宅に営業さんが来ての打ち合わせ。

出来上がった図面を順番に確認していきました。


特注のリビング階段の図面もようやく上がってきました。幅85センチの向こうが透けて見えるタイプです。階段下にテレビ台とテレビ、猫達の自動給餌機と水を置きます。

寝床のクッションも置こうか迷いましたが、きっとソファーで寝るんだろうから置かないことにしました。


特に指摘する箇所はありませんでしたが、幾つか確認のために宿題をだしました。


1.半年間は不在だが24時間換気は付けておいた方が良いのか。

2.エコキュートは定期的に試運転、使わない時はドレインより排水で良いか。

3.電力会社選択時のためにスマートメーターの設置義務はあるのか。

4.ケーブルテレビ、ネット関係の工事申し込み時期は竣工前で良いのか。

5.カーポートの支柱を埋め込む位置の土間コンの穴位置を再確認要請。

6.不在中に行われる定期点検の対応について。


一生懸命メモを取ってました。(笑)


24日に地鎮祭があるんですが、その説明や玉串料の相場、当日の服装などを聞きました。


そして、25日着工なので、初回金をその日に振り込みます。

翌日から地盤改良工事の開始です。


基礎は3月中旬から始まり、出来具合と言うよりは資材が全て運び込まれる3月末が上棟になるそうです。


とは言え、平屋なので屋根が掛かるのも早いとのこと。

引き渡しは梅雨明け辺りになりそうです。




ドローンのテスト

今日は午後から新しいドローンのテスト飛行に友達と二人で行ってきました。

ちょっと風が強くて心配でしたが、高い建物と木々に囲まれた公園なのでなんとかなるかなと思って出掛けました。

公園には仕事もしないでフラフラしているオヤジが二人。

案の定、上空は風が強く吹いていますが、下の方はそんなでもないと言うことで早速準備に取りかかります。


なんたって、電源を入れるのは今日が始めて、ipadの操作画面も使うのが始めて。


ドローン本体から出ているwifiを掴まえて設定完了。

まずはマニュアル操作で開始。


ipad画面のTAKE OFFボタンをタッチ!


おおおっ。浮き上がって80センチほどの高さでホバリング。

上昇限界高度や速度、傾斜角まで設定ができます。


とりあえず、前後左右に動かして喜んでいるオヤジ二人。


これが前方のHDカメラから撮った静止画です。

まあ、まだ練習が必要ですが、前回のヘリよりは楽に操縦ができます。


このあと、GPSフライトレコーダーを装着してのテスト飛行です。

GPSモードにするとipad画面に日本列島の航空写真が現れます。

どんどん拡大していくと、なんと今我々がいる公園が・・・。


そこにはドローンの絵が表示されています。


操作は簡単、現在位置から飛ばしたい位置に画面上のドローンを指で移動させてipadのGOをタッチするだけ。


おおおおっ。勝手に飛んで行って指定した位置でホバリングしています。

戻す時はHOMEをタッチ、少しずれては居ますが帰ってきました。


なんと賢い子だ。


ドローンからの映像。妖しいオヤジガこっちを見てる・・・。

ただ、残念なのは前方カメラはHDなんですが、下方カメラはあんまり解像度が高くありません。

これをなんとかしたいので頭を捻っています。

本体が発泡スチロールなので、カメラ部分を切ってマジックテープを付けて、前と下を向くようにしようかなど思案中です。


基礎工事開始の三月中旬までに改造せねば。



解体作業1

解体工事開始から6日が経ちました。

叔父の家に用事があったのでついでに現場に立ち寄ってみました。

通りから敷地への通路に入ると大型トラックが止まっていたので車を手前に止めて徒歩で現場に入りました。

このトラックは廃材を積み込むコンテナを牽引してきたみたいです。


庭の方に回ると作業員の方が一人黙々と植木を引き抜いていました。

「お世話になります~」

と声を掛けると一瞬ビックリしたような顔をしましたが、施主かと思ったのかニッコリと笑ってくれました。

古屋は外見は残ってますが、中は殆ど壊されていて、後は重機でバキバキってやるだけみたいになってました。


その後、少し敷地をウロウロして、隣にある大きな月極駐車場から写真を一枚。

敷地は駐車場から1メートルくらい上がっています。ここに2メートルのフェンスを付けるので殆ど我が家は見えなくなりますね。

あと一週間もすると真ん中の柚の木も、古屋もその他の木々も無くなってしまいます。

更地になったらどのくらいあるのかまだピンときませんが、地鎮祭まであと2週間になりました。


帰り際に「よろしくお願いしますね」と声を掛けると、「すいません」と言う返事。


いや。別に謝らなくても・・・。


今日も元気にスーパーな蜂がゴーッと空を駆け抜けていきます。

待ちゆく人達は何事もないと言う顔で普通に歩いていました。

みんな耳栓でもしてるのかなぁ・・・。


明日は新しいドローンのテスト飛行をやってきます。




ドアクローザー

今回の新築にあたって前からこれは絶対に付けると心に決めていた物があります。


それはこれ。


そうです。ドアクローザーです。

意外に個人の住宅には付けない方が多いようですが、私は必要だと思います。


何故なら、築20年の現在の我が家。

子供達の部屋と子供達しか使わない2階のトイレのドアは傷みが酷いからです。

いくら言ってもバタンと勢いよく締めるもので、幅木は外れるは板の表面の木目のシールは剥がれるは・・・。

恐らく、ドア周辺の壁にも影響が出ていると思います。


まして、換気システムを導入されている家ではドア下に隙間があるので空気抵抗がないから勢いよくしまります。


ドアを長持ちさせたいなら是非お付けあそばせ。