ぽこにゃん積水ハウスの里楽で平屋を建てる

2016年の7月に積水ハウスの里楽で平屋を建てました。
神奈川県のど真ん中に敷地130坪、延床43坪の家です。始めての庭造りや家庭菜園に悪戦苦闘しています。
趣味の釣りなど、遊びや日常のことも書いていきます。

明日の準備

夕方、積水の営業さんから明日の地鎮祭の事で電話が入りました。

時間と用意する物の確認です。

神主さんに渡す玉串料、米一合、塩一合。


鳥の唐揚げの下ごしらえをしていたので手を休めて暫く話していると、下の娘が神妙な顔で近付いてきました。

電話を切り上げて尋ねると、今日は予備校の日なのだが宿題が終わりそうにないので振り替えたいとの申し出。


「すりゃぁいいじゃん」

冷たく突き放すと素直に部屋に戻って行きました。

暫くして女房からメールが

「コマの変更は親じゃないとできないんだってば」


なんでもかんでも俺に押しつけやがって。

ムカっとしながら鶏肉を切り分けるのでありました。


しばらくしてまたメールが

「今日は私が電話しておいたから」

なんじゃあ。その上から目線は。最初からすればいいじゃないか。ムカムカ。


暫くして女房のご帰宅。

「明日の準備は出来てるの?」

偉そうに。


「俺をだれだと思ってるんだ。☆☆さんだぞ!!」


おおおおっと。変なのが口癖になってる。


御祝儀袋も塩も米も準備してあるさ。

何かに付けて一言言わないと気が済まないのかこの女は・・・。


まあ、私か噴火するのは年に2度くらいです。

まだまだマグマレベルは2/10くらいしか溜まっていません。


爆発しても暴力を振るう訳ではありませんから安心してください。

謝るまで延々と説教をするだけです。(笑)

この人、何もしないで隙あらば休みの日には浦安方面に行ってしまうんです。

この前も、ゴミになるから変な物買ってくるなと言ってるのにR2D2のポップコーンとか買ってきたし・・・。

これ以上、ネズミやアヒルや宇宙人とか増やさないでくれよ~っ。


我が家の勢力図は女房と次女、私と長女で拮抗しています。

そして猫3匹は私の援軍です。心強いことです。(なんの役にも立たないけど)


新居では長女が絶対女王として君臨します。

二人とも、口答えなどしてはならぬぞ。わっはっは。


変な家族。



恥ずかしかった

所用で銀行に行きました。


居たのは一階の窓口ロビーではなく、二階の融資関係の静かなホール。


ブースでは何組かのお客さん達が静かに打ち合わせをしています。


担当が接客中で10分ほど待って欲しいと言うのでソファーで待っていました、


暇なのでラインを開いて友人達との会話を閲覧。


過去のメッセージなどをなんとなく見ていた時です。


最近流行の声の出るスタンプに触れたしまった。


「俺を誰だと思ってるんだよ。斉藤さんだぞ!」


が最大音量で静寂のホールに響き渡りました。


慌てた私はボリュウムを下げようとアイフォンをいじっていると再びスタンプを触ってしまって


「俺を誰だと思ってるんだよ。斉藤さんだぞ!」


1度ならず2度までも。斉藤さん、勘弁してください。


ブースからクスクスと言う笑い声が・・・。


カウンターの向こうの女子行員が笑いを堪えているのが見えました。


知らん顔をしてみたものの、犯人は明白ですね。


アイフォンは目覚ましに使ってるのでいつもボリュウムが最大になっています。


日頃、物事にあまり動じない私ですが、さすがに今回は恥ずかしかったです。


音量には気を付けよう。



駐車場をどう使うか

新しい家の駐車スペースにはカーポートを設置する予定です。

既に外構設計ではカーポートの基礎部分について四角く穴が開いてるようになっているんですが、今になってポートの向きが気になっています。


現行案

もっと綺麗に書けよとか言わないで下さいね。


ワンボックスをこの位置にバックで入れようとすると4回のアクションが必要です。

ただし、カーポートが軒の下に掛かるので雨の日は濡れずに玄関や勝手口に行けます。


これに対して次の案は2回で済みます。

断然、下の案の方が出し入れは楽です。

ただし、カーポートと軒が離れてしまうので雨の日は少し濡れてしまいます。


ただ、未確定ではありますが、奥の土地を将来分譲若しくはマンションにすると言う案があるそうで、そうなると現在の通路は隣と共用の4メートル私道にする可能性があります。

そうなると、こんな風になります。前が道になると車庫入れは随分楽になります。

そうなると最初の案で駐車位置を決めて置かないと駄目ですよね。

カーポートを作らなければ何の問題もないんですが・・・。


まあ。奥がいつごろ開発をするかは不明なので、とりあえずは2案目でやっておいて、そうなったら考えればいいとも思うんですが・・・。


日頃はちっこい軽をメインに乗ってるからオデッセイの出番は少ないので、最初の案でいいかなあとも思っていたりして・・・。


悩むなあ。




新しい土地に住むって

引っ越すと和室やダイニングの窓から毎日この景色を見ることになります。

厳密にはもう少し向こう、もみじの木が生えている辺りがテラスになります。

常緑樹を植える予定なのでお向かいさんの勝手窓も見えなくなって、この大屋根だけが見えるんだと思います。


今は密集しているので南側のリビングの雨戸を開けると3メートルほど向こうに裏の家の勝手口があります。南を向いているとは言え、二階建てが近接して建っているので殆ど日があたりません。


狭い土地にギシギシと建っている訳ですから仕方がありませんね。

私が今の家を手に入れた頃はバブルが弾けて間もない時期で、渋谷にも横浜にも30分程度で出られる立地で広い家なんてなかなか手に入れることは困難だった訳ですし。

こっちに越すと女房は通勤時間が30分程度増えるので勤務先を変えるつもりだそうです。ちなみに女房はフリーのSEです。

とは言え、この家からでも横浜へは30分以内で行くことはできるんですけどね。


新しい家では確実に空が広くなります。

大きな窓から庭に降る雪ものんびりと眺めることができます。

初夏はテラスから庭の芝を眺めてコーヒーでも頂きましょうか。

生活環境が大きく変わりますね。


今まであまり地域に関わらずに暮らしてきたんですが、それはこの辺りがあまり催しとかの少ない地域で殆ど参加するようなイベントもありませんでしから。

今度はどうなんでしょうね。すぐ近くに公民館がありますが、地域活動は活発なんでしょうか。最近は町内会に加わる加わらないで揉めている話を耳にしますが・・・。


敷地が奥の院みたいな所なので、誰かが表を通るなんてことはありませんし、近所付き合いも殆どなそさうです。意識してやらないと取り残されそうです。


静かに穏やかに暮らしていければそれでいいです。






透明キャットウォーク

横浜でも雨がたくさん降りました。

これから北の方が大雨になるそうです。また、川の堤防が決壊したりしないようにお祈りします。


さて、新居ではちょっと変わったキャットウォークを設置します。

透明キャッウォークです。なんてことはありません、要は赤い部分に透明アクリルの板を渡すだけです。(笑)


猫達は右のあらわし梁を伝ってアクリル板の上まで行けます。

また、アクリル板の左にはトンネルの入口があります。

このトンネルは廊下の天井裏にトンネルが設けてあり、小屋裏二階の出入り口に続いています。

つまり、我が家の猫達は梁→アクリル板→トンネル→小屋裏を自由に歩けるようになります。


透明アクリル板は厚さ15ミリで、幅は40センチ、両端をアルミのL型アングルで補強してたわみを防ぐようにします。

これで、下から猫達の肉球が見えたりします。


実は、この案は女性設計士さんのアイデア。

最初はただの板を渡す予定だったんですが、透けて見える方が楽しいですよと言われて即採用しました。

施工はしてもらいますが施主支給部材です。

材料費は1~2万円程度で済みます。お任せすると4~5万だそうです。


冬場は上が暖かいので、この辺で寝るかも知れませんね。

落ちてこないか多少心配ではありますが、多分大丈夫でしょう。