ぽこにゃん積水ハウスの里楽で平屋を建てる

2016年の7月に積水ハウスの里楽で平屋を建てました。
神奈川県のど真ん中に敷地130坪、延床43坪の家です。始めての庭造りや家庭菜園に悪戦苦闘しています。
趣味の釣りなど、遊びや日常のことも書いていきます。

着工6日目(基礎工事)

出かけたついでにちょっと現場を見に行きました。

実は途中に東名高速を使うと少しだけ早く着きます。それに途中の海老名SAで食事もできて便利です。


さて、現場に着くと予想通り数台の車両が止まってました。一番後ろにマイコペンを止めて現場へ。

今回はコンビニでアツアツの缶コーヒーを手土産にしました。

手前の車両で一服していた年配のオジサン作業員に挨拶して差し入れを渡しました。

「施主さんから差し入れだよ~」

オジサンが大きな声でみんなに教えます。


そして、止めてあったトラックの荷台に載せてもらって写真撮影。

むむむ、目いっぱい引いて撮っても全部入りきらない。

こっち端から基礎までが9メートル、基礎は13メートル、基礎の向こうに6メートルの庭と縦計は28メートルあります。横幅は14.5メートルです。無駄に広い・・・叔父から譲られた土地だから仕方ないけど、固定資産税が心配です。


おおっ。立派な鉄筋です。

本当はドローンで上から撮りたいんだけど、まだ部品が・・・。

手前においてあるのが積水の基礎特有のボコボコシートですね。

その後、休憩と言うことで皆さん集まってきて差し入れの缶コーヒーで一服。

脇に広い場所があるから車も止められるし、荷捌きもできて楽でいいそうです。

ここは駐車場なんだと言うと、「何台車あるんですか」と笑ってました。

施工監督さんは30代後半かな。この人だけ積和の人みたいでした。

住宅の基礎としては大きいそうで、実際に型枠などが取れると相当広く感じますよと言ってました。

それでも、2階建てとして考えれば一階の面積が半分の23坪くらいですから、それ程広い家でもないんですよ。以前、2階建てとして設計した時は延べ床で55坪ありましたから。それから比べると13坪も縮小しています。


3日の検査の後に型枠にコンクリを入れて、10日くらいまで乾かして、その後に配管関係の業者が終われば14日くらいに土間工事が始まるので16日くらいにくればきれいな基礎が見えるらしいです。

そして17日から建て方が始まるから楽しみですねと言ってました。


確定申告も終わってるから2日おきくらいに来ますよって言ったら笑ってました。




着工5日目パート2(基礎工事)

夕方に現場監督から進捗報告が入りました。


おおっ、ちゃんと報告してくれるんだ。感心感心。


作業は順調で、どうやら予定が一日繰り上がったみたいです。


当初4日だった検査が3月3日、私が視察に行こうと当初から予定していた日になったそうです。


仕事早いじゃん積和建設!


「今日は床付けくらいまでいったんですか」

と聞くと

「鋭いですね。正解です。明日から採石を敷いて、配筋を始めます。大体は1日で終わるんですが、大きいので2日を予定しています」

と言う返事。


行かなくたって、私にはすっかりお見通しさぁ。わーはっは!!


本当は明日も行きたいんだけど、事務処理がたまっていて時間がとれません。


ライブカメラとか設置したくなってきました。

とは言え、ネット環境が整うのは完成後なので無理な話です。


確定申告が済んだら行く回数を増やすことにしましょう。

その頃には基礎工事も終わって建て方が始まる筈です。


おっと。妻飾りと表札の打ち合わせも進めなくては・・・。



着工5日目(基礎工事)

今日から基礎工事が始まります。

関東地方は午後から雨の予報が出ていますが夕方までには止むようです。尚、明日からは暫く晴天が続くようで何よりです。


今のところ3月3日まで現場に行く予定はありません。

何故3日まで行かないかと言うと、営業さんの話では4日に第三者検査があると言うことから逆算すると工程が見えてくるからです。

この第三者検査は住宅性能評価を受けるために行われる検査ですが、鉄筋の入り方などを確認するようです。


布基礎工事の一般的な手順は以下の通り。


やりかた → 根付け → 床付け → 採石敷き → 鉄筋 → ベースコンクリート→ 立ち上げ型枠 → 立ち上げコンクリート打設 → 型枠解体 → 埋め戻し

→ 床下防水処理 → 基礎天端モルタル仕上げ


恐らくですが、初日の今日は重機が入って床付けまでやると思います。そして、明日の1日は採石敷きのためにトラックが入り、2日は鉄筋と型枠が搬入されるため現場には沢山の工事車両が出入りするため私が行くと邪魔になります。


どういう訳か我が家と道路を挟んだ向かいでは同じような工程でレオパレスの建築が始まっていて工事車両が溢れています。

うちの現場は建物敷地の横に40坪の駐車スペースとしての地面があるので工事車両は路駐することなく止められます。また、そこへの通路にも縦に3台は車が止められるので近所迷惑にはならない工事屋さんには楽な現場でしょう。


3日には配筋が終わって4日に検査を受け、その後に立ち上げ型枠の設置をするなら、5日からコンクリート打設を予定していると思われます。となれば生コン車とポンプ車が来て、またまた車だらけになります。


本当は採石の厚みは妥当かなどの確認をしたいところですが・・・。


いずれにしても、3日に行った際に職長さんに今後の工程を詳しく聞いて、次の視察日を決めたいと思います。


確定申告の資料整理やその他の事務処理もあるのでちょっと忙しい3月上旬です。

 


来年まで家具は買わないけど

夕方に積水ハウスの営業さんが家に来ました。
自宅が近いのでたま~に寄ります。
玄関先で少しばかり話をしました。
基礎工事の第三者機関検査は3/4だそうです。予想より早いです。週明けにはもうコンクリートの打設が始まるとか・・・。


それから玄関ホールのエコカラットが二種類あるのはな~ぜと質問したことに対する回答がありました。
要するにこういう事でした。

異なる模様のエコカラットを千鳥に指定していたことを忘れていたと言うことです。
内観の設計図を寄越さない君らが悪いのです。・・・と開き直る私。
まあ、こんなのが上がり框の前に立つと目の前にある訳です。
たぶん、知らない人はアートか何かと思うんでしょうね。
うちのはキルトとニュージュラク(無地に近い)の組み合わせです。
ホール天井のダウンライトの明かりでキルトのデコボコがいい陰影が出すと予想しています。


さて、新居は6月末に引き渡しですが、我が家の引越は29年の3月です。
よって、それまでは家具は買わずにガラーンとしたままです。
ただし、一カ所だけ家具?を購入します。


それはガーデンテーブルとチェアです。
入居前に庭をいじりに行った際に休憩したり食事をしたりするため使います。


テラスにこんな感じで置きます。

いい感じじゃあないですかぁ。
ここで、汗だらけのオヤジがコンビニのおにぎりを食べる訳です。(笑)
これ、アマゾンで買える5点セットで4万円くらいでした。


何をさしおいても、これだけは入居後直ちに購入して置きます。


テラスからは東と南に庭が見えます。東側は坪庭風にコーディネイトするつもりなので、写真のような感じになれば良いなと思ってます。
南側には一面に芝を張って、バーゴラを設置します。奥には池があって、夜には常夜灯がボンヤリと灯ります。


おおおおっ。妄想ばかり膨らむ。


言うは易し、されどするは難し




着工4日目(休日)

今日は日曜なので工事はお休みです。


工程表では2月29日から3月16日まで基礎工事となってます。


水盛り・遣り方を29~3/1までやったとして、仮枠はやはり3日辺りから組み始めるんだろうか。


積水の基礎は基本的に布基礎だが、最近はベタ基礎紛いの防水土間コンに鉄筋を入れるらしいので工程が読めません。


予想では来週中に仮枠と土間鉄筋を済ませて、3/7に検査を受けて、その後にコンクリを流し込んで週明けの14まで放置して15に仮枠を外して片付け、16に確認作業をする感じでしょうか。


そうなると、見学のタイミングとしてはやはり3/3辺りに一度行って見るのも悪くないですね。仮枠を組んでるところが見られるかも知れません。

ドローンの修理が来週中にできるので、再来週には基礎の空撮出来そうです。


さて、壊れたキッチンの換気扇ですが、業者が来て調査をしました。一応、レンジフードとファンの交換とキッチン水栓の交換で12万円と言う見積もりでした。

女房と相談した結果、それで行こうと言うことになりました。

来年にまとめてやる予定だったのに、狂っちゃうなあ。


ラムだっちゃ!!