ぽこにゃん積水ハウスの里楽で平屋を建てる

2016年の7月に積水ハウスの里楽で平屋を建てました。
神奈川県のど真ん中に敷地130坪、延床43坪の家です。始めての庭造りや家庭菜園に悪戦苦闘しています。
趣味の釣りなど、遊びや日常のことも書いていきます。

北海道旅行1日目-その1

さあ、弾丸ツアーの始まりです。


そもそも北海道に行こうと言う話は前回の奈良旅行の時です。


暇を持て余しているジイさんが二人、阻む物は無し「そんじゃあ、行こうかねぇ」と即断するところがいかにもアバウトな性格。


北海道は30年以上前にスキーで札幌に行ったのが最初でした。その後、一度も津軽海峡を渡っていません。


当初は北海道新幹線で一人旅な~んて思っていたんですがね。


今回もSLKで行こうかと思いましたが、さすがにこの距離だと途中で仮眠も摂りたいしと言うことで広々オデッセイでいくことにしました。

6/18の23時に自宅を出発して6/19の0時に連れのHさんを拾っていざ出陣。


途中で運転を交代しながら東北道をひたすら北上。


福島県の国見PAで2時間の仮眠を摂ってさらに北上。


走ること730キロで青森市内に到着。


丁度お昼時なので和食のお店に入って昼ご飯。


Hさんはホタテのなんとか定食、私は天ぷら刺身蕎麦定食。美味しかった。津軽弁のおばちゃん、さりげなくそば湯のサービスありがとね。


その後フェリーターミナルへ移動。

乗船予定のブルーマーメイドは既に到着していました。大きいねぇ。


大型船は久しぶり。

昔、家族で行ったディズニーのカリブ海クルーズで乗ったのが最後。大きさは全然違いますけど。今回のフェリーは一万トン、このクルーズ船は13万トン。長さは339メートルと戦艦大和よりでかい・・・。


さて、間もなく乗船開始。

車は後ろから入ります。出港の1時間前から車の積み込みが始まりました。


中の様子。

エスカレーターで上がってロビーに到着。コンシェルジュがいます。

通路

往路は3時間半と短いのでビューシートと言う席にしてみました。

船の先頭部分なんですね。窓から見える景色はこんな感じ。

外通路。航行中は歩行禁止。

救命ボート

屋上

そう言えば1954年に台風の為に青函連絡船洞爺丸が沈没した事件があったんですよね。

この事故は日本海難史上最大の惨事で1171名の方が亡くなっています。
当時は就航間もない大型船だったそうですが、今のフェリーが一万トン近いのに対して約半分の大きさだったそうです。


さて、出港して間もなく私は運転疲れもあってシートを思い切り倒して爆睡していたため、目覚めると既に函館港が目前でした。


函館山。おおおっ、快晴だ~、夜景が楽しみだ~。(ところが・・・・・)

函館港。今は走っていないらしい高速船が停泊してます。


18時に予定通りブルーマーメイドは函館港に接岸。


下船すると市街を通って一路今夜の宿泊先へ移動してチェックイン。


本日の予定は市内で夕食を食べ、その後に函館山に夜景を見に行く。


勇んで市内に繰り出す二人。

おおっ。市電が走ってる。


それにしても、市電の線路のある北海道の道はなんとも難解で走りづらい。市電の信号も混ざってるから???ってな感じ。


そして、雪が多い北海道ならではの縦の信号機。

市外の景色は撮影しなかったんですよねぇ。残念・・・。


周辺は居酒屋だらけ、函館と言えばイカだそうでして、どこの店もイカ、イカ、イカ。


と言うことで、この続きは北海道旅行1日目-その2に書きます。




















×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。